« [No.397-2]宇宙の始まり | トップページ | [No.398-1]きゅうりちん »

ホタル通信 No.138

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.135 動く夜景
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

この小説を書くきっかけとなるエピソードが割と単調な分だけ
見せ方に一工夫加えています。

シチュエーション的には、比較的実話度は高めで、オチに相
当する、飛行機の中での出来事を切り取ったものです。
飛行機の中、そこから見える夜景、独特の光の配置・・・等々
は事実で、そこで交わされる会話は創作です。
飛行機からの夜景の眺め・・・ある意味、特別なシチュエーシ
ョンかもしれませんが、非常に限られた中で話を作らなければ
ならず、その意味では前述した通り、単調な展開になりそうな
予感がありました。

そこでそれを逆手にとり、夜景を見ていることを前面に押し出
しながらも、そこがどこであるかを伏せて話を進めています。
前半の中盤辺りに“遠くからでも観覧車”のくだりがあります
から、読み手は高台や建造物などから、それを見ているのだ
と思っているでしょう。
もっとシチュエーションを限定的に語るのであれば、関西空港
発の新千歳行きの飛行機の中であって、着陸の10分前くらい
の夜景になります

夜景を小説のテーマとして使ったことはあります。
でも、案外話が広がりません。場所や演出の小道具としては
優れていますが、そこにうまく心情を乗せることができません。
夜景そのものが、ロマンティックで綺麗なもの・・・との印象が
強く、どちらかと言えばその逆を描きたい自分とのギャップを
感じているからかもしれません。

web拍手 by FC2

| |

« [No.397-2]宇宙の始まり | トップページ | [No.398-1]きゅうりちん »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.138:

« [No.397-2]宇宙の始まり | トップページ | [No.398-1]きゅうりちん »