« [No.395-2]漢字検定 | トップページ | [No.396-1]洗濯日和 »

ホタル通信 No.137

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.184 怒るって難しい
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

実話度60%の内訳ですが、前半はほぼ100%、後半は10%、
従って、平均約60%としました。

まず、前半の内容からご紹介しますね
人物設定は抜きにして、内容についてはほぼ100%ですから
実際にこのような出来事が起こりました。
メールって、例え返信が不要な内容であったとしても、何らか
の反応がないと不安になることがあります。それに自分の都
合を相手にも押し付けたようになったりすることも少なくはあり
ません。
ところで、前半を読んで「相手はずさんな人」と思われた方も
多いのではないでしょうか?でも、事実は多少違っています。

次に後半ですが、ここでは心情を文字にしており、友人との
会話が実際に行われたわけではございません
つまり、会話という事実はなかったけれども、自分の心情を
言わば具現化したようなものです。そのため、実話度は控え
めに、10%とさせて頂きました。

小説のタイトルにもあるように“怒るって難しい”ことだと思って
います。ここでいう“怒る”は“おこる”と読んでくださいね。
それは恋人同士に限らず、友人同士や先輩と後輩・・・様々な
人間関係について言えると思います。
怒らなかったから、関係がダメになることもあれば、怒ったから
こそ関係が今まで以上に深まることもあるでしょう。

最後に前述した“でも、事実は多少違っています”について触
れてから締め括りとします。
一見すると、ずさんなのか、ケータイに興味がないのか・・・そ
んな人に見えるかもしれません。
確かに、これらも事実と言えば事実だったのですが、それより
も影響が大きかったのは次の事実でした
 “彼はもう私には興味を失くしてした”
小説上ではハッピーエンドともバットエンディングとも言えない
終わり方ですが、現実は後者の方でした。悲しい涙では終わ
らないのが、当ブログのモットーなので、ちょっとお茶を濁した
終わり方だったかな~・・・と、明るく締めくくってみますね。No137

web拍手 by FC2

| |

« [No.395-2]漢字検定 | トップページ | [No.396-1]洗濯日和 »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.137:

« [No.395-2]漢字検定 | トップページ | [No.396-1]洗濯日和 »