« [No.391-2]知らない車 | トップページ | [No.392-1]片目の子猫 »

ホタル通信 No.135

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.79 心のスケッチ
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

最近のホタル通信では今回の話のような雰囲気重視の作
品を紹介させて頂いています。

さらにこの話は自分でも言うのもおこがましいですが、少し
文学的と言いますか、ポエム調でもあります。前半の中盤
あたりはまさしくそれです
特にそうしたかったわけではないのですが、人の心の変化
を海に例えようとしたら必然的にそうなりました。

さて、話の内容ですが、しっくり来るようなしっくり来ないよ
うな・・・そんな感じでしょうか
前述した通り、心の変化や心の内を海に例えて、それ一点
だけで話を進行させています。冒頭とラストは、コミカルに仕
上げ、それ以外はやや湿っぽく作っています。
実話度は低めで、登場人物を含めてシチュエーションなどは
ほぼ創作です。

何度か書かせて頂きましたが、雰囲気重視の作品は、当時
の心境や心の叫びを文字にした作品が多いのは間違いあり
ません。
ただ「No.079」ともなると、現在の作風に近い作りになってい
ますので、悪い意味でややサッパリした読み応えです。

今年も多くの人が海を訪れ、そこに色々な想いを映してきた
のでしょうね
このままずっと眺めていたいけど、足元に寄せる波がそっと
背中を後押ししてくれているような・・・そんな気がします。No135

web拍手 by FC2

|

« [No.391-2]知らない車 | トップページ | [No.392-1]片目の子猫 »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.135:

« [No.391-2]知らない車 | トップページ | [No.392-1]片目の子猫 »