« [No.389-2]一瞬が全てを変える | トップページ | [No.390-1]折れた定規 »

ホタル通信 No.134

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.63 傘
実話度:☆☆☆☆☆(0%)
語り手:女性

この話の実話度は限りなくゼロです。話のヒントとなるような
エピソードもありません。でも・・・

シチュエーションとしては、ドラマのワンシーンのようでもあり
小説上の現在に回想シーンが挿入されています。
その回想シーンは、前半冒頭の「出逢った瞬間は・・・」から
後半の中盤「・・・行き交う人を眺めていた」までになります。

全ての人がそうだとは言えませんが、雨宿りって特にするこ
ともなく、ひたすら雨が止むのを待つばかりですよね?
でも、足止めされていることが、何か特別な休暇を与えられた
ようでもあり、しばしの雨宿りをちょっと楽しんでいる自分が居
ます。
繰り返しになりますが、実話度は限りなくゼロです。でも、ラス
トシーンは、当時の自分そのものであり、ひとつの決意の表れ
でもありました

雨を小説の題材にするケースは少なくありません。
自然現象として使うだけでなく、心の状態の例えとして使った
りしています。どしゃぶりの雨であったとしも、止まない雨はあ
りませんからね。
初期の作品に多く見られた“雰囲気重視”の作品というよりも
ちょっとキザっぽい作品と言えるでしょう。秘書課の女性とプロ
ジェクトチーム・・・狙い過ぎです

“走り出した私に、傘はいらない”
前向きな発言でもあり、涙を隠すためにそうしたのも事実です
が、あくまでも小説の中の話です。でも、そこに現実の私の決
意を重ねています。
No134

web拍手 by FC2

|

« [No.389-2]一瞬が全てを変える | トップページ | [No.390-1]折れた定規 »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.134:

« [No.389-2]一瞬が全てを変える | トップページ | [No.390-1]折れた定規 »