« [No.383-2]雨女VS晴れ女 | トップページ | [No.384-1]青空に聞く »

ホタル通信 No.131

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.87 最後のページ
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:男性

この話は学生時代の出来事をヒントにして作りました

学生時代、それまで本を読む習慣はなかったのですが、彼
女と付き合うようになってから、彼女の影響を受けて小説を
読むようになりました。
読むと言っても彼女が小説を持ってくるので、それを最初は
「読まされていた」と言うのが本音です

さて、この話・・・オチに相当する部分は創作です。
つまり、小説の最後のページに彼女の感想が書いてあって
彼女がその感想を僕に求めていた・・・なんてことはありませ
んでした。ただ、似たようなことはあったんですよ。

この話を作ったずっと後に関連する話しをふたつほど作って
います。
ひとつは「No.315 三行小説」、もうひとつは「No.340 三毛猫
ホームズ
」です。どちらも人物設定等はバラバラですが、今回
紹介したこの話をベースにして作っています
このふたつを読めば、当時どのような小説を読み、読後はど
うしていたか?が分かります。別に三部作にするつもりは全
く無かったのですが、結果的にそのようになりました。
いずれ、このふたつの話もホタル通信で紹介する時が来ます
が、「No.315 三行小説」についてはほぼ実話なんですよ。
 
冬のホタルでは人物設定等は違えども、色々な話がリンク関
係にあります。それに意外と登場人物って少ないんですよ。
作者を含めると、今でも両手で充分足りています。No131

web拍手 by FC2

|

« [No.383-2]雨女VS晴れ女 | トップページ | [No.384-1]青空に聞く »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.131:

« [No.383-2]雨女VS晴れ女 | トップページ | [No.384-1]青空に聞く »