« [No.379-2]中華街 | トップページ | [No.380-1]中途半端 »

ホタル通信 No.129

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.96 巡るギザ十
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

実話度は限りなくゼロに近く、登場人物や設定は創作です
が、話の主軸となる“ギザ十”は事実であり、その十円玉を
手にしたことで小説が生まれました。

“ギザ十”は、そこそこ珍しい十円玉であり、財布にいつも
入っているわけではありませんよね?まれに「あれ?」とい
う感じで、財布の中に入っています。
貨幣としての価値もそれなりにあると思いますが、この小説
では、ラッキーアイテムとして位置付けています。小説にも
登場させた“茶柱”と同じ扱いです。

話の構成としては、ショートショ-トに近いと思います。
若干、暗めの話が多い“冬のホタル”において、そんな雰囲
気を微塵も感じさせない話です
それもあってか、どちらかと言えば商業的な仕上がりになっ
ています。ですから、個人的にはあまり好きではありません。
自分の作品であってもです。
多少、オチらしきものをラストに持って来てはいますが、それ
が狙いではなく、何となくそうなっただけ・・・が本音です。

それよりも、たかが十円玉ひとつでワイワイガヤガヤ・・・と
と言った空気を感じてくれればと思います。
もともと、冬のホタルでは「どうでもいいこと」や「ごく普通の
日常」を描いています。
それこそ道端に、犬のウンチが落ちていても(お食事中の
方すみません!)話を作るヒントにはなります。
ですが、そこから何も感じとることがなければ小説が生まれ
ることはありません。

日常から“何かを感じとること”ができなくなれば、当ブログは
終わりをむかえることになります。
でも、感性が強すぎると、時として苦しむことも少なくはありま
せん。次回のホタル通信ではこの流れで「No.73 Sensitivity
を紹介させて頂きます。
No129

web拍手 by FC2

|

« [No.379-2]中華街 | トップページ | [No.380-1]中途半端 »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.129:

« [No.379-2]中華街 | トップページ | [No.380-1]中途半端 »