« [No.377-2]季節の色 | トップページ | [No.378-1]あめちゃん »

ホタル通信 No.128

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.45 ブリキのロボット
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

初期の作品によく見られた“雰囲気”を重視して作られて
います。何かを伝えたいのに、うまく伝えられていません。

実話度は、ほぼゼロと言っても良いでしょう。
ただ、ブリキのロボットのモデルとなるものは実際に存在
しています。尚、素材はブリキではなく、焼き物と同じよう
な素材です
素材が素材なため、左腕の手首あたりから折れてしまっ
ており、それもあって物置の中に入れっぱなしになってい
ました。それを久しぶりに見たことが、小説のヒントになっ
ています。

前半はありがちなワンシーンでしょう
恋愛ドラマだろうがホラー映画だろうが、それをきっかけに
して何かが始まる・・・そんなシーンです。
加えて、ちょっとだけ謎めいた雰囲気がある、アンティーク
調のロボット。いつもの通り後半の展開は考えずに前半を
書き上げました。

後半はロボットが動き出した話です。
彼がカギを手に入れるくだりは、多少“無理やり感”が否め
ません。と言うのも、当初はロボットを動かすつもりはなく、
“動かない”ことを前提に話を進めていたからです。

ラストは、恥ずかしながら自分で読み返してみてもピンとは
来ません
カギを探し回ってくれた彼、それに応えてくれたロボットの彼
を“二人の彼”と呼んでいますが、なぜこんな終わり方をした
のか、あまり覚えていません。
冒頭に書いたように、何かを伝えたかったとは思うのですが
うまく伝えられていません・・・まぁ、これが“雰囲気重視”な
んでしょうけどね。

web拍手 by FC2

|

« [No.377-2]季節の色 | トップページ | [No.378-1]あめちゃん »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.128:

« [No.377-2]季節の色 | トップページ | [No.378-1]あめちゃん »