« [No.375-1]出せないメール | トップページ | ホタル通信 No.127 »

[No.375-2]出せないメール

No.375-2

「それで、どうしようと考えているの?」

彼と連絡が取れない以上、唯一可能性があるとすれば・・・。

「・・・もしかして、彼女に!?」
「うん、アプローチしてみようかと」

ただ、あれから1年ほど経過している。
だから、アドレスが変わっている可能性だって十分ある。

「そこまでしなくても・・・」
「でも、はっきりさせたいの」

彼女と暮らしているなら、それでもいい。
もし、彼女と別れていたとしても、改めて付き合う気は無い。

「どうやって彼女にアプローチする?万一・・・」

そう・・・もし彼女が今も彼と付き合っていたとする。
加えて、彼が二股していたことを知らなかったとする。

「そうね、もめる可能性は否定できない」

もちろん、そんなことは望んでいない。
それは、うそじゃない。

「それでもするの?」
「ごめんね、頑固者で」
「いいよ・・・今に始まったことじゃないし」

幸か不幸か、彼女にメールが届くことはなかった。
送信した瞬間に、宛先不明を知らせるメールが届いたからだ。

「もう・・・忘れることにする!」
「そうね・・・ところでメールには何て書いたの?」
「何も書かなかったよ」

同じ人を好きになった者同士だ・・・多分、感じてくれると信じた。

(No.375完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.375-1]出せないメール | トップページ | ホタル通信 No.127 »

(015)小説No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.375-2]出せないメール:

« [No.375-1]出せないメール | トップページ | ホタル通信 No.127 »