« [No.373-1]笑顔に逢いたい | トップページ | ホタル通信 No.126 »

[No.373-2]笑顔に逢いたい

No.373-2

とりあえず、物陰に隠れようと思った。

(どこがいいかな・・・)

再び辺りをキョロキョロする。

「ナイスな場所、発見!」

エレベータに向かう通路が丁度、周りから死角になりそうだ。

(とりあえず、急・・・あっ!)

目があった。
それにお互い、一歩も動けないくらい硬直した。

「・・・居たの!?そこに」

その誰か、つまり親猫がそこに居た。
親猫とは言っても、断言はできないが・・・。
でも、硬直しながらも耳が子猫の泣き声を探っている。

「じゃぁ・・・私が姿を消すから」

(・・・と見せかけて)

数秒、親猫の死角に入ったが、再び顔を覗かせた。
すると、さっきよりは距離が進んだ位置で再び目が合い硬直した。

「ごめん、ごめん!もうしないから」

親子の再会を邪魔する、たちの悪い人間として映っているだろう。

「ほら、もう行って」

気持ちと言葉が分ったと言うのだろうか?
目の前を疾走して行った。
・・・と同時に、あれほどうるさかった子猫の鳴き声が止んだ。

「良かったね!」

(何だか、私も逢いたくなってきちゃった)

まだ見ぬ母を思い出した瞬間だった。
No373
(No.373完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

|

« [No.373-1]笑顔に逢いたい | トップページ | ホタル通信 No.126 »

(015)小説No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.373-2]笑顔に逢いたい:

« [No.373-1]笑顔に逢いたい | トップページ | ホタル通信 No.126 »