« [No.368-1]夢の中 | トップページ | [No.369-1]ですな »

[No.368-2]夢の中

No.368-2

「うん、全然知らない人」

(知らない人なら、意識することもないか・・・でも・・・)

「まだ見ぬ運命の人・・・ってことも有り得るね!」

なぜか私の方が積極的な発言をしている。
確か、そんなことを聞いたことがあったからだ。
見知らぬ人の出現は将来出逢うであろう、運命の人だと。

「・・・そうなんだ」
「あれ・・・嬉しくないの?」

意外だ・・・誰よりも喜ぶ話をしたつもりなのに。

「運命の人かもしれないのよ!」
「だから・・・全然知らない人だって!」
「それはさっきから何度も聞いてるよ」

知らない人だから、感情移入ができないのかもしれない。
それが例え運命の人であったとしてもだ。

「あのね、知らない人のことなんだけど」
「相手の男性だけじゃなくて、抱きしめられてた女性も知らない人」

「・・・えぇー!!」

友人には気の毒だが、夢ってそんなものだろう。No368
(No.368完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| |

« [No.368-1]夢の中 | トップページ | [No.369-1]ですな »

(015)小説No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.368-2]夢の中:

« [No.368-1]夢の中 | トップページ | [No.369-1]ですな »