« [No.373-2]笑顔に逢いたい | トップページ | [No.374-1]by せいじゅうろう »

ホタル通信 No.126

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.180 答えはひとつ
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

この小説は、冬のホタルの中でもかなり変わったタイプの
話です。でも、表面的にはそれが余り感じられないかもし
れません。

さて、何が変わっているかと申しますと・・・
前半冒頭、ネットで“ケース・バイ・ケース”と言う言葉を検
索し、そこからとある小説へとリンクして行きます。
検索の結果、目的としていたものとは違うものに辿り着い
てしまうことは、よくあることですよね?
ですから、これ自体は珍しくも変わってもいません。変わっ
ているのはその辿り着いた先の“小説”にあります。

それでは、その小説が“かなり変わった話だった”というこ
とになるのでしょうが、そういったこともありません。
実はその小説の作者は当ブログの作者である“ホタル”な
んです。つまり“ケース・バイ・ケース”という言葉を検索した
所、「No.151 ケース・バイ・ケース」に辿り着いてしまったわ
けです
つまり、実話度を考えないとすれば、本来小説は架空の話
にも関わらず、実在する小説に辿り着いてしまう、それも自
分が作った小説に・・・です。

話が少しややこしくなりますが、小説上の私(女性)はその
辿り着いた小説は「誰かが作った単なる小説」にしか過ぎま
せん
ところが、小説上の私は作者(ホタル)でもありますから、作
者の目から見ると、自分の小説にリンクさせるという、何とも
不思議な感覚です。

変わった話・・・の話だけで内容には触れていませんが、ひ
ねった部分は少ないですから、有りのままを感じて頂ければ
と思います。
ケース・バイ・ケースを「最も最適と思われる答えが見つから
ない時の最も最適な答え」と定義付けしたのは、手前味噌な
がらお気に入りです。

web拍手 by FC2

|

« [No.373-2]笑顔に逢いたい | トップページ | [No.374-1]by せいじゅうろう »

(105)通信No.126~150」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.126:

« [No.373-2]笑顔に逢いたい | トップページ | [No.374-1]by せいじゅうろう »