« [No.367-2]姓名判断 | トップページ | [No.368-1]夢の中 »

ホタル通信 No.123

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.39 コントロール
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

初期の作品ですから、完成度は今一歩も二歩も・・・という
感じですが当時の苦悩を描いた作品です。

実話度が示す通り、シチュエーション的にはほぼ事実と言
えます。友人とは言いませんが、とある人に相談し、実際
に小説に似たような会話を交わしました。

さて、時間的な流れの補足です。
前半の冒頭から中盤までは回想シーンです。つまり、小説
上の友人に相談する内容を回想シーンを使って明らかにし
ています。
後半はこれも冒頭から中盤かけて、前半よりも更に時間を
経過させています。ここではひとつの恋が終わろうとしてい
るシーンです。恋と言っても前半の続きではなく、前半の言
葉を借りれば、次の恋・・・ということです。

ところで、この話は当時の苦悩を物語るように、様々な話と
リンクしています。既にいくつかご紹介していますが、改め
て整理すると次のようになります
但し、それぞれの小説の登場人物はあえて別人に設定し
ていますので表面上、繋がっているようには見えません。

No.39はそのままNo.28「女の子へ聞け」に繋がり、No.28は
No.25「受信フォルダ8」へと進んで行きます。詳しくはホタル
通信No.078をご覧くださいネ。
そして更にはNo.39の原因になる話が存在します。つまり、
小説冒頭の回想シーンの原因です。良かったら、探して見
てください。何となく「これじゃないかなぁ~」なんて話があり
ますから。

最後になりますが、この小説にはオチを入れています。
最後まで読んで頂ければ、その瞬間「えそうだったの」
とチョットだけ、ビックリするかもしれませんよ。

web拍手 by FC2

| |

« [No.367-2]姓名判断 | トップページ | [No.368-1]夢の中 »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.123:

« [No.367-2]姓名判断 | トップページ | [No.368-1]夢の中 »