« [No.365-2]ポスター | トップページ | [No.366-1]スカーフの謎 »

ホタル通信 No.122

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.57 ごめんYO
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

登場人物やシチュエーションは事実と異なりますが、主軸
となるものはほぼ事実です。

いわゆる変換ミス・・・これがこの話を作るきっかけです。
変換ミスとは言え日本語変換のミスではなく、ローマ字入
力をそのまま表示させたミスとでも言いましょうか・・・。
ただそれくらいなら、日常茶飯事なんですが、語尾が“YO”
になったせいで、どうしても文章がラップ調にしか見えなく
なりました。これが、どうにも可笑しくて・・・

この“YO”をどう生かして小説にしようか、考えていた時に、
偶然にも小説と同じような出来事がありました。でも、社内
ではありませんよ。
そこで、喧嘩した時の仲直りの道具として“YO”を使うことを
思い付きました。ただ、仲直りの道具として使われたのはあ
くまでも小説の中だけであり、実際には使っていません。

喧嘩した時、謝りたいけど謝れない・・・そんな心境を、少し
描いてみました
そんな時、まるで救いの神のごとく“YO”を飛び込ませてみ
ました。勇二がそれを狙ってミスしたのかどうかは別にして
も、結果的にこれが、仲直りのチャンスになります。まさしく
救いの神!となったわけです。

でも、そんな感じじゃないでしょうか?喧嘩した時って。
意地を張っていることを見抜いて欲しい・・・だから後、ほん
の少しだけ謝って欲しい・・・
そしたら、折れてあげられるのに・・・いつもその前に諦めて
しまうんだから男性って!という具合に。

web拍手 by FC2

| |

« [No.365-2]ポスター | トップページ | [No.366-1]スカーフの謎 »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.122:

« [No.365-2]ポスター | トップページ | [No.366-1]スカーフの謎 »