« [No.363-2]イルカに乗った・・・ | トップページ | [No.364-1]見えない壁 »

ホタル通信 No.121

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.85 聞き間違い
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

今回の小説は、とある歌詞の一部を聞き間違えていたこと
から始まります。

その歌詞を普段、口ずさんだりすることも多かったのですが
どこか違和感を感じていました。
それでも明らかに変ではないために、そんなものだろうと考
えていました。ところが、改めて歌詞を調べて見ると・・・こん
な経験を小説にしてみました。

さて、話の構成としては割りと良い具合に仕上がっていると
思っています。ラストの展開は書き始めてすぐに思いつきま
したので、そうなるように中盤の会話を進めて行きました。
香苗の聞き間違えから始まり、僕が以前聞き間違えていた
という事実が発覚し話が終わります。

ところで、僕が何を聞き間違えて「香苗が僕のことを好きっ
て・・・」になったか分かりますか?
実はその答えは用意していません。具体的な答えを決めず
単に含みだけを持たせています。従って、読み手はもちろん
作者も読後に色々と考えることができる楽しみを持たせてい
ます。

最後に一番気になる小説の冒頭の歌詞
“美人”以外は実在の歌詞のはずなんですが・・・誰の何とい
う歌詞か忘れてしまいました。
ちょっと調べて見たのですが、ヒットしないようですし、もしか
したら、これ自体も創作している可能性も否定できません。
お恥ずかしい限りですが、随分前の作品のため、覚えていま
せん・・・すみません!

web拍手 by FC2

| |

« [No.363-2]イルカに乗った・・・ | トップページ | [No.364-1]見えない壁 »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.121:

« [No.363-2]イルカに乗った・・・ | トップページ | [No.364-1]見えない壁 »