« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

[No.367-2]姓名判断

No.367-2

誰しも一度や二度の経験はあるだろうから、当然かもしれない。

「うち、名前の上では幸せになれるやろ?」
「・・・うん」

正直答えた。

「だから、気にせえへんほうがええよ」
「ハズレるみたいやから」
「・・・ん?」

意味が良くわからない。

「占いの結果と現実は反対になるってこと」
「・・・それって、僕に対する気遣い?」

どうやら、僕の名前でも占ったことがあるようだ。
僕は名前の上では、不幸せな人生を歩むらしい。
ただ、現実は幸運にも、そこそこ幸せに恵まれている。

「でも、それなら・・・」
「うちのことは、気にせんでええよ」

なぜか、余裕の表情だった。
実は彼女には言わなかったが、“ある名前”でも占ってみた。

「・・・あのな、実は・・・」
「なに?」
「・・・いや・・・ごめん、なんでもない」

なぜあの時、彼女が余裕だったのか、1年後知ることになった。
彼女も僕と同じように、“ある名前”で占っていたようだった。No367
(No.367完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.367-1]姓名判断

No.367-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
特に何があったわけでもない。

たまたま姓名判断のバナーが目に入っただけだ。
好奇心というほどの気持ちではないが、そのバナーをクリックした。

「えっと・・・幸せな家庭・・・」

最初は自分の名前を入れてみた。
姓名判断自体はネット上で、何度かやってみたことがある。
だから“言われる”ことは大体予想できていた。
案の定、あまり誉めてはくれなかった・・・。

「・・・に恵まれるか」

今、ある人の名前を入れて結果を見ている。
一言では言い難い関係にある、ひとりの女性だ。

「皮肉なものだな」

彼女は幸せな家庭には恵まれなかった。
むしろ、不幸だった・・・と言ったほうが早い。

「名前の上では、幸せが手に入るのにな」

小さい頃から苦労の連続だ。
両親のこと、学校のこと・・・それに・・・。
とても聞くに堪えない話が、いくつもあった。

「姓名判断?・・・うん、知ってたよ」

(意外・・・じゃない・・・か)

ある日、さりげなく、姓名判断のことを聞いてみた。

(No.367-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.366-2]スカーフの謎

No.366-2

「心当たり?」
「理由は分かんないけど、誰かは見当がついていたんだ」

当時、年上の女性と仲良くなった。
付き合ったわけじゃないが、向こうからアプローチされていた。

「ふ~ん、案外もてたのね」

もてたというより、悪く言えば遊ばれていたのかもしれない。
ただ、狭い社内だ・・・すぐ話題になった。

「・・・でな、いわゆる“お局さん”の耳に入って」

ここで初めて女性の恐ろしさを知ることになった。
もちろん、嫉妬心の矛先は僕ではなく、その女性に向けられた。

「結局、しばらくしてその女性は会社を辞めたんだけど・・・」
「辞めたその日に入っていたんだ、スカーフが」

もちろん、単なる偶然かもしれない。
ただタイミング的にどうしても彼女が入れたとしか思えない。

「どう思う?同じ女性として」
「・・・そうね・・・・」

そのスカーフに想い出があるわけでもないし、見たことすらない。
だから、なぜスカーフだったのかは最大の謎だ。
自信の痕跡を残すのなら、もっと分かり易い何かを残すべきだろう。

「まぁ、適当な何かが無かったのかもしれないけどな」

例えば口紅を残されると、かなり考え込んでしまうだろう。
執念と言うか・・・だから、ソフトなものを残したのかもしれない。

「私も同じ立場なら、スカーフにするかもしれない」
「えっ、どうして?」
「・・・それじゃ、はい!これ」

梨江(りえ)が身に付けていたスカーフを僕に渡した。
何とも言えない甘い移り香がする。
なるほど・・・そういうことか。

(No.366完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.366-1]スカーフの謎

No.366-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
「なっ・・・不思議な話だろ?」

1年前くらいに、不思議な体験をしたことを思い出した。
きっかけは、梨江(りえ)が身に付けているスカーフを見たからだ。

「結局、何だったんだろうね」

会社のロッカーの中に薄いピンク色のスカーフが入っていた。
もちろん、自分の物ではない。

「ロッカーはひとり用だったんだよね?」
「そうだよ、自分専用」
「鍵は?」
「・・・そんな習慣はなくて」

別に貴重品を入れるわけでもなく、単なる物置に近い。
自分だけでなく他の人もそんな使い方をしていた。

「それに更衣室にあったわけでもなくて」
「どこにあったの?」
「事務所内」

女性と違って、着替えることもない。
コートやスーツの上着を掛けておく程度だ。
だから、更衣室になくても良かった。

「鍵も掛かっていないし、事務所内にあるから・・・」
「・・・誰でも入れようと思えば入れられるね」

スカーフは女性だけの装飾品ではないとは思う。
けど、さすがにスーツ姿で出勤してくる男性は身に付けないだろう。

「だから、誰かが意図的に入れたと考えてる」
「たまたま、あなたのロッカーの前に落ちていたとしたら?」

確かに有り得ない話ではない。
ただ、そうだとしても・・・。

「まずは女性に聞くだろ?落し物があったって」

実は意図的だと思う理由に心当たりがあった。

(No.366-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.122

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.57 ごめんYO
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

登場人物やシチュエーションは事実と異なりますが、主軸
となるものはほぼ事実です。

いわゆる変換ミス・・・これがこの話を作るきっかけです。
変換ミスとは言え日本語変換のミスではなく、ローマ字入
力をそのまま表示させたミスとでも言いましょうか・・・。
ただそれくらいなら、日常茶飯事なんですが、語尾が“YO”
になったせいで、どうしても文章がラップ調にしか見えなく
なりました。これが、どうにも可笑しくて・・・

この“YO”をどう生かして小説にしようか、考えていた時に、
偶然にも小説と同じような出来事がありました。でも、社内
ではありませんよ。
そこで、喧嘩した時の仲直りの道具として“YO”を使うことを
思い付きました。ただ、仲直りの道具として使われたのはあ
くまでも小説の中だけであり、実際には使っていません。

喧嘩した時、謝りたいけど謝れない・・・そんな心境を、少し
描いてみました
そんな時、まるで救いの神のごとく“YO”を飛び込ませてみ
ました。勇二がそれを狙ってミスしたのかどうかは別にして
も、結果的にこれが、仲直りのチャンスになります。まさしく
救いの神!となったわけです。

でも、そんな感じじゃないでしょうか?喧嘩した時って。
意地を張っていることを見抜いて欲しい・・・だから後、ほん
の少しだけ謝って欲しい・・・
そしたら、折れてあげられるのに・・・いつもその前に諦めて
しまうんだから男性って!という具合に。

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.365-2]ポスター

No.365-2

「これか?」

本当はあえて聞く必要もなかった。
何らかのアニメに登場する誰かだとは見れば分かる。

「好きなの?」
「好きだよ」

別にアニメが好きなことを悪く言うつもりはない。
ただ、現実に存在しない女の子とは、張り合いようがない。
顔やプロポーションだって、現実のそれとはかなり異なる。

「嫌いか?」
「嫌いじゃないけど、あまり関心はないわね」
「あはは!そうなんだ」

(なによ、その「あはは!」・・・って)

確かに友達の中にも、アニメが好きな人が居る。

「別にいいじゃない!」
「ごめん、ごめん」

アイドルを好きになっても叶わぬ夢で終わるだろう。
でも、可能性はゼロではない。
一方、アニメはどうあがいても可能性はゼロだ。

「ゼロ?そうとも言えないぞ」

架空の人物を好きになって、一体どうしようと言うのだろうか。

「よく見てみろよ、それ・・・誰かに似てないか?」
「誰って・・・」

よく見ると、印刷したというより、塗ったような“手作り感”がある。
それを裏付けるかのように、筆やら絵の具が置いてあった。

(No.365完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.365-1]ポスター

No.365-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(男性)
-----------------------------
何となく、予想はしていた。

「そのポスターの人・・・だよね?」
「そうだよ」

アイドルのポスターが貼ってあっても不思議ではない。
自分の部屋にも貼ってあるからだ。

「彼女みたいなのがタイプなんだ?」
「だね!」

(何が「だね!」よ、まったく・・・)

彼女を部屋に呼んだわけだから、やっておくことがあるはずだ。
部屋の掃除は基本中の基本として・・・。
見えるようにあえて出しておくもの。
そして・・・。

「私と正反対のタイプよね?」

こうなるから、見えないようにあえて引っ込めて欲しかった。
堂々と貼ってある、そのポスターを・・・。

「・・・かもな」
「ふ~ん」

やきもちではない。
勝っているとも言えないが、負けてもいない。

(まぁ・・・これはこれとして)

それよりも気になるのが、もう一枚のポスターだ。

「その隣は、なに?」

本来は「誰?」と聞くべきだろうし、そう聞いてもおかしくはない。
でも、そう聞くには少し抵抗があった。

(No.365-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.364-2]見えない壁

No.364-2

「今、すれ違った人だって・・・」
「・・・今は他人でも、そうじゃなくなる日が来るかもしれない」
「でも、今はすれ違うだけ」

孤立感はひとりの時より、大勢の中に居る時の方が強く感じる。
少なくとも私はそうだったからだ。

「対比というか・・・」
「大勢がひとりを際立たせていると言えばいいのかな・・・」

行き交う人の波が、友人をそうさせたのだと思う。
ただ、孤立感を持ったとしても、孤立には繋がらない。
逆に、人の温かさに触れてみたくなる。

「そうね・・・なんだか急に彼のこと、思い出しちゃって」
「自分でもよくわからないけど」
「ううん、そんなことないよ」

人の気持ちなんて、天気よっても変わるくらいだ。

「だから、気にすることないよ!」
「ごめんね、心配掛けちゃって」

見えない壁が、今の私たちを取り囲んでいる。
だから、行き交う人に触れることができない。
手を伸ばせば触れられる距離に居るのに・・・。

「見えない壁か・・・」
「けど、見えないなら、無いのと同じことよね?」
「・・・そうだよね!」

他人と知り合いの境界線は、見えない壁によって仕切られている。
その壁は無色透明であっても、壁を越えることは出来ない。
でも、声は届く。
だから、人は声を掛けて知り合いになろうとするんだ。No364
(No.364完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.364-1]見えない壁

No.364-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
「どうしたの・・・知り合いでも居たの?」
「・・・えっ!?ううん、何でもない」

何でもないわけはないだろう。
明らかにすれ違った人を追うかのごとく、振り返ったからだ。

「ごめん、本当に何でもないんだ」
「・・・ほんと?」

別に追求するほどのことでもないが、妙に気にはなる。

「ごめんね・・・よく分かんないけど体が反射的に動いたの」
「だから、特定の人を追ったわけじゃない」

無意識に・・・と言うことだろうか?
それはそれで心配にもなる。

「ほら、こうやって行き交う人たちって、沢山いるじゃない?」

特に金曜日の夜とあって行き交う人が普段より多い。

「それが・・・?」
「みんな他人なんだよね」

当たり前のことを言っているし、難しい話をしているわけでもない。
なのに、真意が見えない。

「どういうこと?」
「けど、知り合いになったら他人じゃなくなる」

答えになっていない・・・でも、何かを伝えようとしている。

「それでも、いつかまた他人に戻っちゃうんだよね」
「それって、まさか・・・元カレのこと?」

金曜日の夜は行き交う人が多い。
ただ、妙な孤立感が私たちを包み込んだ。

(No.364-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.121

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.85 聞き間違い
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

今回の小説は、とある歌詞の一部を聞き間違えていたこと
から始まります。

その歌詞を普段、口ずさんだりすることも多かったのですが
どこか違和感を感じていました。
それでも明らかに変ではないために、そんなものだろうと考
えていました。ところが、改めて歌詞を調べて見ると・・・こん
な経験を小説にしてみました。

さて、話の構成としては割りと良い具合に仕上がっていると
思っています。ラストの展開は書き始めてすぐに思いつきま
したので、そうなるように中盤の会話を進めて行きました。
香苗の聞き間違えから始まり、僕が以前聞き間違えていた
という事実が発覚し話が終わります。

ところで、僕が何を聞き間違えて「香苗が僕のことを好きっ
て・・・」になったか分かりますか?
実はその答えは用意していません。具体的な答えを決めず
単に含みだけを持たせています。従って、読み手はもちろん
作者も読後に色々と考えることができる楽しみを持たせてい
ます。

最後に一番気になる小説の冒頭の歌詞
“美人”以外は実在の歌詞のはずなんですが・・・誰の何とい
う歌詞か忘れてしまいました。
ちょっと調べて見たのですが、ヒットしないようですし、もしか
したら、これ自体も創作している可能性も否定できません。
お恥ずかしい限りですが、随分前の作品のため、覚えていま
せん・・・すみません!

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.363-2]イルカに乗った・・・

No.363-2

「やっぱり、売ってたやん!」

水族館の見物もそこそこにお土産店に入った。
確かに店の一角で売られている。
でも、売ってはいるものの、数える程度の種類しかない。

「これなんか、どう?」

いわゆるミニタオルとでも言えば良いのだろうか?
ハンカチサイズの大きさで、タオル生地だ。

「それも捨てがたいけど、遊ばれへんやろ?」
「遊ぶ?あぁ・・・そうだったな」

聞こえが悪いかもしれないが、彼女はひとり遊びをよくする。
彼女にとっては、独り言に近いレベルだろう。
ただ、俺にはそれが少しせつなくも見える。

「じゃ、これだろ!どう考えても」
「うちもそれがええわ!」

やはり、遊ぶとなると、ぬいぐるみが適している。
それにサイズも丁度良い。

「・・・で、これは・・・」
「イルカに乗った、せいじゅうろうやろ?」

シチュエーションは恐らくそうであろう。
けど、そう見えないのが笑える。

「乗ってるというより、寝そべってる?」
「そやね~」

イルカに乗ったせいじゅうろうならぬ、イルカで寝そべっている・・・。

「いや、寝そべってるというより・・・」
「ダラダラしてるんや!イルカの上で!」

何となく、俺がイルカ役になりそうな予感がした。No363
(No.363完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.363-1]イルカに乗った・・・

No.363-1   [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
気付けば身の回りは、せいじゅうろうで溢れている。

「どんなのが売ってるやろか~」

菜緒(なお)と遠出することになった。
・・・とは言え、日帰りできる距離だ。
それにそこには何度も行ったことがある。

「どんなのって・・・なにが?」
「せいじゅうろうに決まってるやん!」

正確に言えば・・・・。
俺と菜緒のケータイにぶら下がっているのが、せいじゅうろうだ。
ある時、菜緒がリラックマを、こう命名した。
だから本来は、これ以外のリラックマをせいじゅうろうとは呼べない。
まぁ・・・そんなに真剣に考える内容ではないが・・・。

「ご当地キティちゃんとかあるやろ?」
「なんだ、ご当地もののことか」

今に始まったことではない。
つい最近では、大きなエビフライを持ったせいじゅうろうを買った。

「水族館だから・・・」
「魚のかぶりものしてるやつとか!?」
「あはは!ありそうだな」

実際、様々なかぶりものに挑戦している。

「・・・プッ!挑戦してるやて」
「笑うなよ」

いつの間にか、せいじゅうろうに敬意を表している自分が居る。
随分、彼と彼らには助けられたからだ。

「とにかく、楽しみや!」

一路、水族館を目指した。
菜緒と俺・・・そして後部座席に座る、せいじゅうろう達と共に。

(No.363-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.362-2]移り行く季節

No.362-2

「逆に思い出させちゃった?」
「ううん・・・逆に忘れてなかったから」

思い出すもなにも、忘れていなかった。
だから、何かをきっかけに思い出す必要もない。

「ありがとう、今日誘ってくれて」
「ううん・・・春は出逢いと別れの季節って言うけど」

私はその別れの方だった。

「身近に居ると、軽々しく発言できないね」
「時間が解決してくれるから・・・平気よ」

今までだってそうしてきた。
正直に言えばそうするしか手立てがなかった。

「・・・早く夏にならないかなぁ~」

きっと、その頃には忘れることができている・・・そう信じている。
そんなこともあって、夏が待ち遠しくもある。

「でも、まだ全然春だもんね」

桜が散り始めているとは言え、まだまだ春全開だ。

「ほんと、散ってはいるものの・・・」

何気なく落ちてくる桜の花びらを手にしようとした、その時・・・。
避けるかのように、フワフワと空に向かって飛んで行ってしまった。

「・・・今の見た!?」

(No.362完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.362-1]移り行く季節

No.362-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
「わぁ~、綺麗ね!」

分かっていても、つい口にしたくなる。
桜が見事なまでに咲き誇っているからだ。
ただ、今日はやや風があるせいだろうか?
桜並木は、舞い散る花びらも多い。

「これは、これで風情があるじゃない」

さながら桜の雨に、桜の水たまりといったところだろうか。
こんな風情のあるシチュエーションはそう長い期間、続かない。

「それに、ほら!こんなに桜に濡れちゃった・・・」

友人が雨に引っ掛けた話を続けた。
確かに、小雨に降られたように、花びらが頭や肩に乗っている。

「うまいこと言うわね」

どうやら桜の雨は、しばらく止みそうにない。

「こんな雨ならいつでも歓迎だよ!」

こんな雨なら悪くない、ただ・・・。

「これくらいの雨じゃ、涙は隠せそうにないけどね」
「まだ・・・引きずってる?」
「・・・かもしれない」

私の身を案じてだろうか・・・。
舞い散る花びらが少し増えたような気がする。

(No.362-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ホタル通信 No.120

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.33 夕焼けは晴れ
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:男性

初期の作品によく見られた“ダーク”な要素を含んだ小説です。
ただダークと言っても“悪”というわけではありません。

実話度は極めてゼロに近く、内容はほぼ事実ではありませんが
「もしかしたら、そうなっていたかも・・・」という事実を含んでいま
す。従って、実話度がゼロで終わって、逆に良かった作品です。

では内容に触れて行きますね。
まず、当時は話の中で、時間経過や回想シーンがあってもあえ
て何も説明していませんでした。現在はを入れることにより、
何らかの変化があることを皆様にお伝えしています。今回の話
は本来であれば3度、が必要になります。

ひとつ目は前半の中盤「・・・雨になる理由も知っている」の後に
を入れ、回想シーンに入ります。そして「ごめん、ごめん・・・」
の前に回想シーンの終わりを表す、ふたつ目のが必要になり
ます。
ホタル通信を書く前には、一度読み直しているのですが、「ごめ
ん、ごめん」の下りがどうしても話の流れに噛み合わず、少し考
え込んでいました。
「ごめん、ごめん」は「な~んだ、頼りにならないわね」に対する
答えであるため、その間に回想シーンを入れたことで会話が噛
み合っていないように見えます。

三つ目は、後半の出だしにが必要です。
後半は前半から数日~数ヶ月、経過していると考えてください。
特に具体的な経過日数は設定していません。
後半は直接的な表現は避けていますが、美沙の遺影に対して
話が展開していきます。
冒頭に「実話度がゼロで終わって、逆に良かった」と書きました。
当時そうなる危険性があったのは事実で、その緊張感がこんな
小説を生み出したのかもしれませんね。

決して明るい話ではありませんが、“冬のホタル”の原点のよう
な作品です。笑顔で話を読み終えて頂ければ幸いです。No120

web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.361-2]続・成長

No.361-2

「いつもは制服を見慣れていたから」
「まず、っていうくらいだから、他にもなにかあるのね?」
「まぁな、そっちの影響が大きかったと思うよ」

誰だか分からなかった原因は2つある。
ひとつは、私服だったこと。
もうひとつは・・・。

「化粧してたんだよ、薄くだけど」
「すれ違っただけの割には、よく見てるじゃない?」

(そりゃ、好みのタイプだからな!)

・・・なんてことは、口が裂けても言えない。

「すれ違ったとは言っても一瞬じゃないだろ?」

やや遠くから、だんだんと近付いてくる。
その段階で、見覚えのある顔だとは気付いていた。

「だからこそ、違和感があったんだよ」

見慣れた顔なのに、なぜがピンと来ない。
・・・で、すれ違った後に気付くことになった。

「でもな、話の中心はそこじゃないんだ」

そもそもなぜ化粧をしていたのか?もしかしたら・・・。

「春休み限定かもしれないし・・・」
「卒業したのかもしれない、ってことね?」

これもまた、ひとつの成長と感じた。
それを制服ではなく、今回は化粧で感じることになった。

「でも、分かってないなぁ~」

ちょっと小ばかにしたような目つきで僕を見る。

「化粧が少し濃くなったのよ」
No361

(No.361完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.361-1]続・成長

No.361-1 No.270 成長

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
(ん?・・・あれ?)

「ん?・・・あれ?前にもこんな感覚が・・・」

ある女性・・・というより、女の子とすれ違った。
見覚えのある顔だ。
ただ、何となく違和感があり、すぐには思い出せない。
あの時のように・・・。

「以前もそんなこと言ってたよね?」
「それは否定しない」

確かに以前、話したことがある。
正確に言えば、話した時期も同じだ。
若干、今回の方が早いが・・・。

「その続き?」
「みたいなものだけど、別の女の子だよ」
「・・・で!何度も言うけど、変な目で見てるわけじゃないからな!」

昨日、見覚えのある女の子とすれ違った。
けど、誰だったのか、すぐには分からなかった。

「結局、誰だったの?」
「さぁ~・・・」
「けんか、売ってる?」

別に間違った答えを言ったつもりはない。
名前を知ってるわけでもないし、もちろん知り合いでもない。
だから、必然的に答えはそうなる。

「とにかく、よくすれ違う女の子だったんだよ」
「その割には、思い出せないわけ?」
「だから・・・それを・・・」

これから話そうとしていた。

「まず、私服だったんだよ」

最初は驚いたが、よく考えれば丁度春休みの時期だった。

(No.361-2へ続く)

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

[No.360-2]ふたつの月

No.360-2

「まっ、その後はSF映画らしく・・・」

その後はエイリアンだの戦闘だの、王道の展開が続いた。

「ところで、何でこんな話してるんだっけ?」
「あれ?なんでだっけ・・・」

何かを思い出そうとする行動が、自然に目線を上に向かせた。

「あー!月が妖しい!」

私の声とほぼ同時に彼も反応した。
妖しい月の話が、すぐにSF映画に変わってしまった。

「映画の話をするから、話がズレちゃったじゃない!」
「ズレた?・・・月の話にはかわりないだろ?」
「そうじゃなくて」

確かに話は繋がってなくもない。
ただ、私が言いたかったのは、そこじゃない。

「じゃあ、なんだよ」
「・・・スルーしたでしょ?」
「スルー?」

映画の話しに変わる直前の私のセリフを、彼は拾わなかった。
最大限のアピールを、超さりげなくしたはずなのに・・・。

「・・・今夜がどうかしたとか、しないとか、だっけ?」
「まぁ、そんな感じ」

この際、細かいことは言ってられない。

「で、それがどうしたわけ?」
「もぉ・・・だから、こんな夜は何かが起こるの!」

彼のくちびる目がけて飛び込んだ。

(No.360完)
読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ web拍手 by FC2

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »