« [No.355-2]福山さん | トップページ | [No.356-1]誘導メール »

ホタル通信 No.117

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.99 パラレルワールド
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

人物設定は事実ではありませんが、シチュエーション的にはほぼ
事実です。

通学や通勤で、いつも顔を合わせる人って居ますよね?
例えば電車。いつもと同じ時間に、同じ車両に乗ることが多くなる
ため、他人もそうであれば、必然的に顔を合わせるメンバーが決ま
ってきます。
たまに、その場所に本来居るべき人が居らず、代わりに見ず知ら
ずの人が居たりすると、妙にその人に対して厳しい視線を送っ
たりします(笑)

電車と全く同じとは言えませんが、自転車でもそれこそ徒歩でも、
見かける顔は案外決まっています。ですから、時間帯をほんの少
し変えるだけでも、新鮮な気分になれます。
それを大袈裟に、“パワレルワールド”と表現し、小説のタイトルや
話の主軸に据えました。

後半のラスト近くに、朝の顔なじみとすれ違うシーンがあります。
実はこれが小説を書くきっかけであり、これをラストシーンにしよう
と手掛ける前から決めていました
そこに朝のいつものシーンを付け加えていったのが、今回の構成
になります。それと朝のシーンもほぼ実話なんですよ。

通勤や通学ですれ違う人たち。
その一瞬に感じることを小説に落とし込んでいく・・・結構多いかも
しれません。
もともと冬のホタルはそんな小説の集まりなんですよね。大きなイ
ベントから話を作ることは少なく、良い意味で「どうでもいいこと」を
話の主軸にしています
No117

web拍手 by FC2

| |

« [No.355-2]福山さん | トップページ | [No.356-1]誘導メール »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.117:

« [No.355-2]福山さん | トップページ | [No.356-1]誘導メール »