« [No.353-2]ひろめ | トップページ | [No.354-1]わらしべ長者 »

ホタル通信 No.116

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.106 イルミネーション
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

小説上の季節は冬、それもクリスマスシーズン・・・と、言った所
でしょうか。

イルミネーションに関しては、一般住宅の飾り付けをきっかけに
して、街角のイルミネーションに繋げました。
北海道に住んでいたこともあるので、全体的な雰囲気や設定は
“ホワイトイルミネーション”をイメージしています。
この時点では言わば背景しかなく、登場人物や話の主軸となる
ものは何もありませんでした。

登場人物は適当に決めて、まずは書き始めました。これぞ、略し
て“冬ホタ流”です。
登場人物に話を進めてもらい、そこから何かを作者が感じ取るの
がいつもの書き方です。時期が時期だけに独り身には辛い話に
なったのは自然な流れだったと思っています

ただ、話は進めやすかったのですがラストが決まらず、かなり悩
んだ記憶があります。
特に後半に「どうして光に魅せられるのかな?」というセリフを持
ってきたせいで、この答えが出ずに苦労しました。内容を変えて
しまおうか・・・とも考えましたが、2人が会話していたらきっとこん
な展開になっていたと考え、あえて大いに悩むことにしました。
・・・で、出てきた答えが・・・そうなんです、小説と同じで「ええぃ!
こうなったら・・・」と、かなり強引にオチを付けてみました。

さて、そろそろ締めくくりましょう。
話の展開が暗くて、悲しいものであっても、決して悲しい終わりが
ないのも“冬ホタ流”です
こればブログのサブタイトルとして、今でも守り続けています。No116

web拍手 by FC2

| |

« [No.353-2]ひろめ | トップページ | [No.354-1]わらしべ長者 »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.116:

« [No.353-2]ひろめ | トップページ | [No.354-1]わらしべ長者 »