« [No.352-1]針に気をつけて | トップページ | [No.353-1]ひろめ »

[No.352-2]針に気をつけて

No.352-2

捨てられたと聞いた後、彼女としばらく連絡が取れなくなった。
今思えば、正確には3日間・・・・ということになる。

「あの時、探していたんだ?」
「言ってくれれば・・・」
「せやかて、迷惑は掛けられへん!うちらの問題やし」

菜緒(なお)と彼の間に何があったのか、知ろうとは思わない。
けど、あの雨の中ましてやゴミの中・・・考えると胸が苦しくなる。

「辛いことも楽しいことも、半分づつの約束だろ?」
「・・・ごめん」
「まぁ・・・それにしても」

目の前の彼ら・・・キイロイトリは、もはや黄色ではない。
コリラックマも、リラックマに雰囲気が似てきた。

「せいじゅうろうは・・・あまり変化ないな」

もともと茶色のせいか、全体的な汚れはあまり目立たない。

「ただ・・・これは・・・ぷっ!」
「わ、笑ったら失礼やん!・・・て、ぷっ!」

その存在だけで十分笑わしてくれる、せいじゅうろう。
それなのに今は輪を掛けて・・・。

「背中のチャック開いてるし」

もともとそんな構造ではない・・・どうやら破けてしまったらしい。
けど、逆にそれが設定上の“本物感”をかもし出している。

「脱ごうとしたんやろか」
「確かに・・・設定では着ぐるみだしな」

いつものごとく、バカバカしいことを真剣に考えた。

「縫っちゃおうか?」
「そやな・・・でも、気いつけてな」

その気遣いは俺でなく、せいじゅうろうに向けられたものだった。

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.352-1]針に気をつけて | トップページ | [No.353-1]ひろめ »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(015)小説No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.352-2]針に気をつけて:

« [No.352-1]針に気をつけて | トップページ | [No.353-1]ひろめ »