« ホタル通信 No.115 | トップページ | [No.352-2]針に気をつけて »

[No.352-1]針に気をつけて

No.352-1   [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
「こいつらにも迷惑かけたな」
「あの時は大変やったね」

菜緒(なお)が恐らく、目の前の彼らを代表して返事をした。

「だろうな・・・結局、汚れは取れなかったんだ?」
「うん・・・頑張ったんやけど、あかんかった」

以前、リラックマ、コリラックマ、キイロイトリをセットで買った。
どれも片手で持てるくらいのサイズのぬいぐるみだ。
買ったのは、菜緒にねだられたからではない。
ふたりで想いを共有できるもの・・・それが欲しかったからだ。

「でも、よく探したな」
「せやかて、うちらの大切な仲間やもん!」

仲間とはもちろん、ぬいぐるみのことだ。
他人に聞かれると間違いなく、不思議な顔をされるだろう。
小さい子供が発言しているわけではないのだから・・・。

「・・・だったな!大切な仲間だよな」

菜緒と住んでいる人間の“彼”に、仲間が捨てられた・・・。
ある日、そんなメールが届いた。
ただ、捨てられた背景は、あまり詳しく聞かされなかった。

「随分、探したんやで」
「そう言えばどこに居たんだっけ?」
「近所の空き地のゴミの中」

彼を問い詰め、自宅の窓から放り投げたことを白状させた。
彼らが居なくなってから、3日後のことだったらしい。

「確か・・・その頃ずっと雨降ってたよな?」

放り投げた場所は、いわゆる放置ゴミが散乱している場所だった。
そのためか、逆に持ち去られることがなかったらしい。
ただ、雨と周辺のゴミのために、かなり汚れる原因にはなった。

「そやで!発見した時も・・・やけど」

(No.352-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.115 | トップページ | [No.352-2]針に気をつけて »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(015)小説No.351~375」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.352-1]針に気をつけて:

« ホタル通信 No.115 | トップページ | [No.352-2]針に気をつけて »