« ホタル通信 No.113 | トップページ | [No.348-2]女友達 »

[No.348-1]女友達

No.348-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
「結局、みんなダメにしちゃったんじゃない!」
「うぅ・・・」

当たっているだけに反論は小さなうめき声だけになってしまった。

「いつもアドバイスしてるでしょ?」

中学時代から知っている女子が居る。
自分の中では単なる“知り合い”程度のポジションだ。
友達と呼べるほどの関係でもない。
ただ、適当な言葉が見つからず、とりあえず“女友達”にしている。

「仕方ないだろ」

別の見方をすれば見合い写真を押し付ける親戚のおばさんだ。
テレビで似たようなシーンを何度も見かけた。

「全然、仕方なく思ってない!」

卒業を前に、高校3年間の集大成が“今”行われている。

「思ってるよ、でも・・・」

恋のキューピット役をかって出てくれたことには感謝している。
何度も彼女を紹介してくれたからだ。

「・・・でも、なによ?」
「いつも自然消滅するんだ」

原因は何となく分かっている。

「クールに惹かれて、本当にクールだから引かれる・・・でしょ?」

謎掛け風の言葉でも、漢字は目に浮かぶ。

「言っとくけど、クールって・・・」
「分かってるよ、本来の意味じゃないってことだろ?」

早い話、俺は無口だった。

(No.348-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.113 | トップページ | [No.348-2]女友達 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.348-1]女友達:

« ホタル通信 No.113 | トップページ | [No.348-2]女友達 »