« [No.347-1]遅いメール | トップページ | ホタル通信 No.113 »

[No.347-2]遅いメール

No.347-2

『・・・私も好きです』

メールの内容がガラリと変わり、そんな言葉で締められていた。
もちろん、“何を私も好き”なのかは不明だ。

「何書いたっけ・・・」

改めてどんな内容のメールを送ったのか、記憶をたどる。
けど、昨日の夕食さえ思い出すのに苦労する人間だ。
相当前のメールなんて記憶の隅にも有りはしない。

(ま、まずいな・・・)

「・・・いいや、考えようによっては・・・」

そう、チャンスでもある。
ある意味、どさくさに紛れてと言うか、勢いと言うか・・・。
そう考える間もなく、指が勝手に動いた。

『・・・僕もやっぱり好きだ』

“も”が重要だ。
相手が“私も”ときたからには、僕が何かを好きだと言ったはずだ。
さながら名探偵のごとく、返事をした。

それに万一の時には勘違いで済まそうと考えた。
その“何か”を動物とか食べ物に置き換えればいい。
本当は僕が好きなのは“何か”ではなく、はっきりしているが・・・。

『じゃあ、付き合ってください』
『もちろんだよ!』

これからバラ色か修羅場が始まることになりそうだ。
でも人生で一度や二度、こんなことがあっても許されるだろう。

『ありがとう、重いから覚悟しといてね』

重いのは彼女の想いではなく、荷物の重さだったことを後日知った。

(No.347完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.347-1]遅いメール | トップページ | ホタル通信 No.113 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.347-2]遅いメール:

« [No.347-1]遅いメール | トップページ | ホタル通信 No.113 »