« [No.346-2]パッセージ | トップページ | [No.347-2]遅いメール »

[No.347-1]遅いメール

No.347-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
「う~ん・・・」

一通のメールを前に、しばらく腕組みが続いた。
別に難しいことが書いてあるわけではない。

「これ・・・いつのメールに対する返信だろうか?」

そうなる原因はいくつかある。
僕が送信メールをすぐに消してしまう習慣があること。
それにメールにタイトルを付けないこともそうだ。
そして何よりも・・・。

「相変わらず、智香(ちか)の返信は遅いな」

とは言え、明日の約束を求めるような内容ではない。
仮にそうなら、とっくに関係は破綻している。

送るメールは、主に僕の近況報告だ。
それに返信しなければならない内容はあえて含ませていない。
こうなることが分かっているからだ。

「でも返事がなきゃないで・・・」

正直、寂しい。

「とにかく」

今、目にしているメールは、送ったメールの返信には間違いない。

『確かにそれが大事なんだよね・・・』

その一言に続いて、色々と話が展開していた。
ただ、“それ”とか“あの”とか言われても、答えは前のメールにある。
・・・であれば送信メールを消さなければいい。

(それはそれで、まぁ・・・なんだ・・・)

とりあえず有らぬ波風を立てない男のマナーとでも言っておこう。

(No.347-2へ続く)

|

« [No.346-2]パッセージ | トップページ | [No.347-2]遅いメール »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.347-1]遅いメール:

« [No.346-2]パッセージ | トップページ | [No.347-2]遅いメール »