« [No.346-1]パッセージ | トップページ | [No.347-1]遅いメール »

[No.346-2]パッセージ

No.346-2

「気持ちいいぞ!」
「いやよ、焼けちゃうから」
「じゃあ、俺だけ・・・」

そう言うとひとり夏の砂浜へ駆け出して行った。

「ほんと、子供なんだから」

遠くからでも何となく分かる。
彼のハシャギっぷりが・・・。

いつもの仲間たちは今日は居ない。
出逢ってから、初めてふたりきりで海にやって来た。

「こっちに来いよー!」
「だから、行かないってばぁ!」

恥ずかしくなるくらい、ありったけの大声で返事をした。
それでも、夏の海には十分とは言えなかった。

「ほらっ、よ!」
「わっ!あ、危ないじゃ?・・・あっつい!!」

彼が缶コーヒーを私に向けて放り投げて来た。
そして、そのまま砂浜に向かって彼が駆け出して行った。

「まったく、もぉ」

あの時とシチュエーションが似ている。
缶コーヒーの熱さが当時の記憶を呼び戻した。 

遠くでハシャグ彼の姿をボンヤリ見ている。
その姿と元カレの姿が瞳の奥で重なった。
No346
(No.346完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.346-1]パッセージ | トップページ | [No.347-1]遅いメール »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.346-2]パッセージ:

« [No.346-1]パッセージ | トップページ | [No.347-1]遅いメール »