« [No.345-1]行く手をさえぎる者 | トップページ | ホタル通信 No.112 »

[No.345-2]行く手をさえぎる者

No.345-2

「ちょっと聞いてよ!」
「よくもまぁ・・・朝から色々ある人ね・・・」

まだ何も話していない。
ただ、こんなパターンが何度もあったから、友人も慣れていた。

「・・・で、今日は何?イケメンそれともダメ男?」
「なによ、そのダメ男って・・・」

言い返した割には語尾が弱い。

「・・・で、どっち?」
「それは・・・じゃなくて違うよ、今日は!」

話が完全に脱線する前に本線に戻そう。

「話を戻すけど」

戻すもなにも考えたら、話は全く進んでいなかったが・・・。
とにかく、朝の出来事を話した。

「ハト?人間は諦めたわけ?」
「また、そっちに話を持って行くんだから!」

急いでいる時に、行く手をさえぎるハトの群れ。
腹立たしくもあり、なぜか微笑ましくもある。
無関心ながらも、あの妙に人間慣れした態度。

「これがハトじゃなくて、イケメンならいいのになぁ~」

つい、本音が出て再び話を脱線させてしまった。
まさしく、少女漫画さながらの光景を妄想してみる。
イケメンが行く手をさえぎるほど、群がってくる・・・。

「・・・で、こんなふうに肩をギューっと抱きしめられたりして!」

自分で自分の肩を両手で抱きしめてみた。
その時、右手に何かヌメッとしたものを感じた。
No345
(No.345完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.345-1]行く手をさえぎる者 | トップページ | ホタル通信 No.112 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.345-2]行く手をさえぎる者:

« [No.345-1]行く手をさえぎる者 | トップページ | ホタル通信 No.112 »