« [No.344-2]時計 | トップページ | [No.345-2]行く手をさえぎる者 »

[No.345-1]行く手をさえぎる者

No.345-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
(ちょ・・ちょ、ちょっと!危ないー!!)

声には出さなかった。
その代わりに、耳をつんざくブレーキ音が早朝の静寂を破った。
犯人は手入れ不足の私の自転車だった。

「もぉー、危ないでしょ!」

自転車を止め、改めて声に出した。

「・・・っても、あんた達は・・・」

こっちの心配をよそに、何事もなかったように歩いている。
それもいつものように、あの独特の首振りでだ。

「腹が立つと言うより笑っちゃうよ、全く・・・」

たかがハト相手に、怒っても大人気ない。
いや、とりあえず“人間気”がないと言っておこう。
とにかく、無関心さが妙に笑いを誘う。

「今度からちゃんとよけるのよ、いい?」

もちろん、目の前のハトに対して言っている。
けど、これまた、聞いちゃいない。

(・・・ほんとに困った連中・・・)

気付けば目の前どころか、足元に群がっていた。

「こらぁー!」
「わっ・・・」
「・・・・えっ!あっ・・・す、すみません!」

たった今、通り過ぎた女性が驚いていた。

(No.345-2へ続く)

|

« [No.344-2]時計 | トップページ | [No.345-2]行く手をさえぎる者 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.345-1]行く手をさえぎる者:

« [No.344-2]時計 | トップページ | [No.345-2]行く手をさえぎる者 »