« [No.344-1]時計 | トップページ | [No.345-1]行く手をさえぎる者 »

[No.344-2]時計

No.344-2

当時、特に友達ともめた記憶はない。
そう考えると、時計がなくてもちゃんと出会えていたことになる。

「そもそも、時間なんて流れてなかったのかもしれないね」
「・・・えっ、あ、うん・・・」

友人の思い付きであろうその言葉に妙な納得を覚えた。

「ほら“後で空き地で”・・・程度で十分だったじゃない?」

その内、適当に人が集まって来る。
来るのが遅い・・・そんな話題なんて恐らく出なかったのだろう。
もともと集合時間が決まってないのだから。

「そうなると、時を・・・」

時を知る必要がない。
それに・・・。

「暗くなったり」
「駄菓子屋が閉まったり、どこかで母親の声がしたり」
「それに学校の放送が聞こえたら・・・」
「帰ればいいの家に!」

最後はふたり同時に声を出した。
時計がなくても、勝手に時を知らせてくれるものは沢山あった。

「言わば他人の時間で時が流れていたように感じる」
「そうかもしれない・・・悪い意味じゃなく」
「・・・今の私たちは、悪い意味だけどね」

友人が時間に追われる毎日を皮肉っぽく表現した。

「けど、子供の頃の名残は今でもあるわよ」

友人は時より、お腹の虫を威勢よく鳴らす。

(No.344完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.344-1]時計 | トップページ | [No.345-1]行く手をさえぎる者 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.344-2]時計:

« [No.344-1]時計 | トップページ | [No.345-1]行く手をさえぎる者 »