« ホタル通信 No.111 | トップページ | [No.344-2]時計 »

[No.344-1]時計

No.344-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
自分の時間じゃない。
言わば他人の時間で“時”は流れていた。

「子供の頃?持ってるわけないでしょ」

話の発端は子供の頃の遊びについてだった。
ローカルなものからメジャーなものに至るまで話は尽きなかった。

「普通、そうよね」

話をしている内に、あることに対して疑問が沸いた。
・・・というより、記憶も定かじゃない。

「私なんて高校生からよ」
「それは私も同じ」

当時、腕時計をしている小学生を見たことがない。
単に田舎だからとか、そんな理由とは違う。
抽象的かもしれないが、一言で言えばそんな時代だった。

「当時、どうやって時を知ってたのかな?」

時計に代わるもの、例えばケータイだってなかった時代だ。

「・・・それもそうね」

家の中なら時計がある、けど外に出てしまえば・・・。
そんな疑問がフッと沸いて来た。

「ほら、放課後・・・」

友達と待ち合わせして遊ぶことは少なくなかった。
その時、どうやって・・・

「・・・時間を知ったのかな?」

また最初の疑問に戻って来た。

(No.344-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.111 | トップページ | [No.344-2]時計 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.344-1]時計:

« ホタル通信 No.111 | トップページ | [No.344-2]時計 »