« [No.351-2]孤独のかげ | トップページ | [No.352-1]針に気をつけて »

ホタル通信 No.115

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.29 ノスタルジア
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

前回のホタル通信に引き続き、無責任さと完成度の低さが目に
付く作品です。

さて、この作品、数有る“冬のホタル”の中で唯一、登場人物と
して母親という設定が登場しています。それも、親子2代にわた
ってです
前半は牽引役である私「A」と小説には登場していませんが、私
の母親「B」で話が進んで行きます。後半になると今度は私「A」
が母親になり、自分の娘「C」が登場し、話が進んで行きます。
つまり、私の母「B」と私「A」自身が母親になったために、親子2
代という設定になります。
現在は、場面の変化や時間の経過を表すマークとしてを挿入
するようにしていますが、当時は完全に読者の皆様を、突き放す
ような作りでした。

実話度は低めですが、全くの創作でもありません。
話のきっかけとなるものは複数あり、部屋の片付け、アルバム、
デジカメ、人形などの“点”を線にしたところから始まりました。
小説のように、数々の写真に人形が写ってはいなかったものの
私の手に握られていた人形がとても印象的だったため、このよう
な話を作ってみました。

後半の4行目に「・・・内緒でその人形を・・・」のくだりがあります。
自分がしてきた行動を通じて、自分の母親の行動を知った・・・
これが後半のポイントです。
イタズラ心もあるのですが親子をつなぐ絆として、その人形に役
割を与えてみました

あなたの写真にもきっと写っているはずです。
あなたが笑顔になれるなら・・・と、そっと忍ばせてあるものが。

web拍手 by FC2

|

« [No.351-2]孤独のかげ | トップページ | [No.352-1]針に気をつけて »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.115:

« [No.351-2]孤独のかげ | トップページ | [No.352-1]針に気をつけて »