« [No.347-2]遅いメール | トップページ | [No.348-1]女友達 »

ホタル通信 No.113

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.170 窓に映る私
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

この話はメールのやりとりから生まれた内容を、設定等を変え
て作りました。

話の主軸となるのは冒頭の言葉通り“心理テスト”です。ただ
現実では主軸ではありませんでした。
内容は省略しますが、メールの中で“どの席を選ぶか”的なや
りとりが行われ、それが何となく心理テスト風だった・・・これが
話の発端です

“窓際を選ぶと自分に対する興味度が分かる”
これはメール中で書いた内容です。でも、その答えをメールで
は明かしませんでした・・・で、その問に対する答えがこの小説
になるわけです。
尚、自分がそう思っているだけの内容ですから、決して本物の
心理学ではありませんのでご注意を

窓があると、つい外を見てしまう。
景色が綺麗だから見てしまうこともあれば、特にすることがない
ので、外を見てしまうこともあるでしょう。授業中に外を見てしま
うのは後者の方ではないでしょうか?
授業というすることがあるのに、することがない・・・早い話、つ
まらない時は、その“逃げ”として外を見てしまうと考えました。
だから、窓際に座った時“自分に対する興味度が分かる”とした
わけですが、これだと余りにも単純すぎますよね。
後半「でも・・・どうして私を・・・」の部分から、それ以前より2年
経過した話になっており、前述通り、単純さを解消するために
もう一工夫加えた部分です。
窓に映る私の表情を見ていてくれた彼・・・もしかして、ニヤケて
いた私が居たのかも?こんな感じで終わらせています

最後に「あの会場は、特に・・・だったからね」のセリフ。
“・・・”の部分に何が入るのか正直覚えていません。流れから
すれば、特に“綺麗な窓”のような気がしますが、あえて伏せる
必要もありませんよね。でも、本気で覚えていません(笑)
No113

web拍手 by FC2

| |

« [No.347-2]遅いメール | トップページ | [No.348-1]女友達 »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.113:

« [No.347-2]遅いメール | トップページ | [No.348-1]女友達 »