« [No.345-2]行く手をさえぎる者 | トップページ | [No.346-1]パッセージ »

ホタル通信 No.112

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.149 それぞれのイベント
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

この話は情景としてはほぼ実話であり、そこに心情を付け加え
たような話に仕上げています。

一例ですが、高校野球が終わった後にそれをやっていたことに
気付く・・・社会人になるとそんなことが少なくありません。
決して無関心だからということではなく、一言で言ってしまえば
生活習慣が変わったせいだと感じています。
そんな私が卒業式帰りの学生たちを目にした所から話が展開
して行きます。

実際に学生たちを目にしました。
多少の脚色はあるものの、名残惜しそうなその歩みが大変印
象的でした。
その歩みは時を惜しむかのようであり、また次の一歩を踏み出
せずに居る躊躇のようにも見えました。それがかつての自分と
重なり、これがこの小説の土台となっています。

後半は全て創作です。
ラスト近辺はちょっと含みを持たせた作りになっており、一度読
んだだけではマークが点灯します。従って解説を付け加える
とすれば次のようになります。
<解説>
私は卒業を前にずっと好きだった人に告白したが、その恋が実
ることはなかった。でも、勇気を出して告白した事実は残った。
時は流れて今の私・・・好きな人はいるけど、告白することが出
来ずに居る。それを知る同僚が、私の学生時代の話を聞いて、
「学生時代は勇気を出して告白したのに、なんで今は出来ない
のか・・・この意気地なし!」・・・って感じです

後半の展開のために、前半に卒業式のくだりを持ってきたので
はなく、あくまでも前半を書いている内に、自然と“卒業式”と言
うキーワードで前半後半が繋がりました。
また、そんなシーズンに入ってきました。それぞれのイベントが
アチコチで生まれるんでしょうね。

web拍手 by FC2

|

« [No.345-2]行く手をさえぎる者 | トップページ | [No.346-1]パッセージ »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.112:

« [No.345-2]行く手をさえぎる者 | トップページ | [No.346-1]パッセージ »