« ホタル通信 No.110 | トップページ | [No.342-2]気遣い »

[No.342-1]気遣い

No.342-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
(どうしよう・・・・か)

ちょっとした選択に迷っている。
いつも通りにするか、時間を早めるかどうか・・・。

『13:00までしか時間は取れないけど、大丈夫だよ』

いつもなら、15:00くらいまでならOKだ。
でも、その日だけは時間を早めたい理由があった。

『・・・次の日、試験なんだ』

別に隠す必要もないから、正直に話した。

『ラストスパートしたいので』
『うちはいいけど・・・大丈夫なん?』

この後も何度かメールを交わした。

試験のことは気になりもするが、由佳(ゆか)とも逢いたい。
その間を取ったような結論にした。

『じゃ、土曜日11:00にいつもの所で』

僕としては、そんな大袈裟には考えていない。
ただ、試験のことは言うべきか言わざるべきか、迷った。
試験の結果を後で聞かれることを恐れたのではない。
由佳に変な気遣いさせる可能性があったからだ。

『わかった、じゃあ土曜日に』

思いの他、あっさり約束が決まった。

(No.342-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.110 | トップページ | [No.342-2]気遣い »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.342-1]気遣い:

« ホタル通信 No.110 | トップページ | [No.342-2]気遣い »