« [No.341-1]ニッコリが一番 | トップページ | ホタル通信 No.110 »

[No.341-2]ニッコリが一番

No.341-2

「そりゃないだろう!」

でも、実際はそれより酷いのかもしれない。
大袈裟に言えば心の醜さが表情に出ていたはずだ。

「・・・でも、ありがとう」
「菜緒のお陰で・・・」

徐々にイライラが取れてきた・・・と言おうとしていた。

「うち?違う、違う!」
「違う・・・?」
「せいじゅうろうたちのお陰やで」

また出てきた、いつものあいつら・・・。
ただ、今回は連中の姿は見えない。

「今日はまだ登場してないだろ?」
「いいや、いてはる」

大急ぎで辺りを見回した。
机、テーブル、本棚・・・他、居そうな場所に姿は見えない。

「居ないけど?」

その言葉を聞いて、菜緒が僕の向きとは反対方向の壁を指差した。

「ほら、あれ」

壁に掛かったカレンダーに確かにやつらは居た。

「書いてあること、読んでみてみぃ」
「・・・えっ、と・・・」

ニッコリが一番。
No341
(No.341完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.341-1]ニッコリが一番 | トップページ | ホタル通信 No.110 »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.341-2]ニッコリが一番:

« [No.341-1]ニッコリが一番 | トップページ | ホタル通信 No.110 »