« [No.340-2]三毛猫ホームズ | トップページ | [No.341-2]ニッコリが一番 »

[No.341-1]ニッコリが一番

No.341-1   [No.07-1]せいじゅうろう

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
最近、以前にも増して仕事が忙しくなってきた。
そのせいだろうか・・・。

「あぁー!なんかイライラする」

自分でも言うのもなんだが、珍しく落ち着かない。
神経がピリピリしているというか・・・。

「どないしたん?珍しいやん」

いつもなら逆の立場だろう。
俺の方が、菜緒(なお)をなだめたりすることが圧倒的に多い。

「最近、忙しくて」

だったら、何だよ!と聞いてる方は思ってしまうだろう。
それに大抵、仕事は忙しいものだ。
それがどうしたと言うのか・・・情けないほど自覚している。

「たいへんやね~」
「へっ?」

いつもなら冗談とは言え、突っ込みのひとつでも入ってくる。
それが拍子抜けするほど、やさしい言葉だった。

「そ、そうなんや・・・大変やねん」

思わず、使い慣れていない関西弁で返してしまった。

「それに大変さが、顔に出てるやん」
「・・・どんな顔!?」

菜緒があえて変顔を俺に突き出してきた。

(No.341-2へ続く)

|

« [No.340-2]三毛猫ホームズ | トップページ | [No.341-2]ニッコリが一番 »

(S01)せいじゅうろう」カテゴリの記事

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.341-1]ニッコリが一番:

« [No.340-2]三毛猫ホームズ | トップページ | [No.341-2]ニッコリが一番 »