« [No.340-1]三毛猫ホームズ | トップページ | [No.341-1]ニッコリが一番 »

[No.340-2]三毛猫ホームズ

No.340-2

当時、行き帰りの電車の中で、時間を惜しむように読んだ。
往復約1時間だけでは物足りないほどだった。

「でもね、家では全然読もうとは思わなかったの」

読書モードのスイッチがONからOFFへ切り替わる。
そして、電車に乗ったら、またONになる。

「今でもそのクセが抜けないのよね」

もっぱら、読書は電車の中で行う。
それは家の中でも、ましてやおしゃれなカフェでもない。

「俺はどうか分からないぞ」
「いいよ、人それぞれだもん!」

私がそうなだけで、彼に強制するつもりは全くない。

「まぁ、とりあえず受け取っておくよ」

そう言いながらも、何となく嬉しそうな背中を見送った。

「ねぇ・・・ねぇ・・・ったら!」
「・・・ん?あっ!ごめん、ごめん、夢中になってた」

今の彼は、待ち合わせの場所で本を読むタイプらしい。
夢中になり過ぎて、私の到着に気付かないことさえある。

「もぉ!・・・まっ、いいか」

その昔、付き合い始めた私達には、丁度良い共通の話題になった。

「なぁ、なんであの時、主人公は・・・」
「そうね、多分・・・」
「だろ!俺もそう考えてた」

私が小説を読むようになった理由は簡単だった。No340
(No.340完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.340-1]三毛猫ホームズ | トップページ | [No.341-1]ニッコリが一番 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.340-2]三毛猫ホームズ:

« [No.340-1]三毛猫ホームズ | トップページ | [No.341-1]ニッコリが一番 »