« [No.338-2]想い出はセピア色 | トップページ | [No.339-2]絆 »

[No.339-1]絆

No.339-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
こんなことを言い出すと、きっと“おばさん”と言われるだろう。
いや・・・30歳手前は十分、おばさんなのかもしれない。

「だから、言ったじゃない!」
「そう、怒らないの」

友人と待ち合わせをした。
ただ、どこで待ち合わせるか、場所は決めていなかった。

「やっぱり、最初から場所は決めなきゃ・・・」
「そんなの、ケータイがあれば何とかなるでしょ?」

友人が現代っ子なのか、私が昭和の人なのか・・・。
とにかく、待ち合わせ場所を決めずに事が進む。
今回だって、“どこかの駅で”しか決めていなかった。

「来る途中でメールしたでしょ?」

いつもケータイを凝視してるわけじゃない。
気付いた頃には、その駅を通過した後だった。
それに・・・。

「駅ってね・・・広いの知ってる?」

お互い方向音痴であることも災いした。
約束の時間から1時間が過ぎた頃、ようやく出逢うことができた。

「でも、こうして出逢えたじゃん!」

相変わらず能天気と言うか・・・結果オーライの性格だ。

「あのね・・・どれだけしんどい思いをしたことか・・・」

目の前の友人に限らず、最近こんなことが増えてきた。
簡単に連絡できることが、裏目に出る。
コミュニケーションが取れるようで、案外とれない。

いつでも、どこでも・・・は、かえって関係を遠のかせていた。

(No.339-2へ続く)

|

« [No.338-2]想い出はセピア色 | トップページ | [No.339-2]絆 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.339-1]絆:

« [No.338-2]想い出はセピア色 | トップページ | [No.339-2]絆 »