« [No.336-2]温度差 | トップページ | [No.337-2]うまくいかない »

[No.337-1]うまくいかない

No.337-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
「どうしたの?頭抱えて・・・」

後輩がその言葉通りのポーズをしていた。

「少なくても、楽しいことがあったわけではなさそうね」

返事を返さない後輩に対して、言葉を続けた。

「とりあえず話してみない?」
「・・・はい、実は・・・」

ようやくその重い口を開けてくれた。
予想通り、どうやら仕事の悩みらしい。

「本社部門なんてそんなものよ」

聞けば現場と上手くいってないようだった。
どの会社もそうだとは言えないが、概ねそうなることが多い。
やれ!と言う本社、そんなの無理!と突っぱねる現場・・・。

「確かに上から目線だと、ダメなんだろうけど・・・」

それでも、言うべきことは言わなければならない時だってある。
結果的にそれが現場のためになるのであればなおさらだ。

「理解してるんだけど・・・」
「だけど?」
「言っても、相手にしてくれなくて」

かつての私を見ているようだった。
現場のために、と思い放った矢が、いとも簡単に折られてしまう。

「折られてしまうのは私の心も・・・だけど」

もはや自虐的な域まで達しているようだ。

「ほんと、仕事が上手く進まない・・・」

(No.337-2へ続く)

|

« [No.336-2]温度差 | トップページ | [No.337-2]うまくいかない »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.337-1]うまくいかない:

« [No.336-2]温度差 | トップページ | [No.337-2]うまくいかない »