« ホタル通信 No.107 | トップページ | [No.336-2]温度差 »

[No.336-1]温度差

No.336-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
「何年ぶりかなぁ~」
「そうね・・・10年ぶりくらいかな?」

1年間だけ住んだことがある街の友人を訪ねた。
今だって親交はある。
ただ、こうして顔をあわせるのは転校して以来だ。

「どう、北海道は?」
「今はすっかり銀世界よ」

彼女は福岡、私は札幌。
ようやく、距離もお金もどうにかできる歳になった。
だから、こうして訪ねることができた。

「こっちは・・・随分と変わったみたいね」

一言で言えば、随分と都会的になった。
何が増えて何が減ったのか・・・具体的な記憶はない。
トータルとして、にぎやかな雰囲気になっていた。

「今、歩いてる道、覚えてる?」
「もちろんよ!」

たった1年であっても、通い慣れた通学路だ。
そう簡単に忘れられるものではない。

「この辺りも変わったのよね」
「でも、全然覚えていない」

それは私も同じだ。
かつて、建物があったであろう、目の前の空き地。
けど・・・全く、思い出せない。

「ほら、あそこも」

友人が目線の先の空き地を指差した。

(No.336-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.107 | トップページ | [No.336-2]温度差 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.336-1]温度差:

« ホタル通信 No.107 | トップページ | [No.336-2]温度差 »