« [No.341-2]ニッコリが一番 | トップページ | [No.342-1]気遣い »

ホタル通信 No.110

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.199 環境が人を変える
実話度:★★★★☆(80%)
語り手:女性

登場人物の設定は創作ですが、登場自分が語る内容について
は、ほぼ事実です。

この話は仕事に対するひとつの考え方を小説化したものです。
小説上の私(=作者)は、どちらかと言えば“研究者”肌であり、
幅広く手掛けるよりは、ひとつのことに集中したいタイプの人間
です。少し見方を変えると“職人さん”とも言えるでしょう。

ある程度の所で満足し現状維持をしたいのではなく、突き詰め
ることができるのであれば、とことん突き詰めたい!タイプなの
で、そこそこモチベーションは高く仕事はできるタイプです。
ただ、その裏返しとして、変化を好まないのもまた事実でした。
トータルで考えた時、後者の変化を嫌う誤魔化しとして、職人さ
んに徹しようとしていたのかもしれません。
井戸の中に居た・・・というよりも、悪く言ってしまえばしがみ付
いていた私は大海を知ることになりました。

・・・で大海に出た私、どうなったと思いますか?
モチベーションが高いから荒波も上手く泳ぎ切って・・・ではあり
ませんでした。
波にのまれながら、潮に流されながら、気付いて見たら・・・。
あら、不思議!とりあえず向こう岸に辿り着いていました。決し
て自力で泳ぎきったとは思っていません。
波や潮の流れは言わば“環境”であり、その環境が私を向こう
岸へと導いてくれたと考えています。

「環境が人を変える」
今でも私の中でひとつの格言となっています。自分で自分を変
えることは、そんなにたやすいことではありません。
環境という言葉の中には“人”も含まれています。言い換えれ
ば人が人を変える・・・私があなたを変え、そしてあなたは私を
変えてくれるのです。

web拍手 by FC2

| |

« [No.341-2]ニッコリが一番 | トップページ | [No.342-1]気遣い »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.110:

« [No.341-2]ニッコリが一番 | トップページ | [No.342-1]気遣い »