« [No.339-2]絆 | トップページ | [No.340-1]三毛猫ホームズ »

ホタル通信 No.109

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.128 不透明な出逢い
実話度:★★☆☆☆(40%)
語り手:女性

何となく怪しげであり、また妖艶な雰囲気が漂うタイトルの割
りに、内容自体はさわやか系です。

朝の自転車通勤のワンシーンを切り取った内容であり、全体的
な雰囲気はほぼ実話ですが、話の要となる自転車同士の衝突
は実際に起こっていません。
特に冬になると、反射鏡が曇って見えにくくなり、衝突までには
至らないものの、ヒヤリとすることが少なくありませんでした。
このように十分過ぎるほど自覚しなからも、自転車のスピードを
緩めることがなかったために「いつか本当に衝突してしまうかも」
という想像のもとでこの話は誕生しました。

“出逢い”を乱暴な言い方をすれば、“衝突”とも言えなくもありま
せん。出逢いとは何らかの衝撃的な要素も含んでいるために、
少し大袈裟ですが衝突を採用しました。
従って、衝突と言うキーワードが誕生した瞬間にほぼストーリー
展開は決まりました
それに非常に作り易かった話でもあり、30分程度で仕上げる事
ができた記憶があります。

当初は「衝突=出逢い」と考え、単純に衝突をきっかけに付き合
うことになった・・・程度しか考えていませんでした。
たたこれだと余りにも単純でストレート過ぎるために、あえて付き
合う前段階の所で話を終了させることにしました。
そこで「一時停止するようになった」のは「注意深くなったから」と
一旦、当たり前のことを書いた後に、一気にラストの一行で落と
しました

ほぼ毎日ブログを更新するためには、一話一話じっくり考えるこ
とができないため、牽引役になりきって自分で与えたシチュエー
ションに身を置き、一気に書き上げています。この話もその代表
例なんですよ。

web拍手 by FC2

| |

« [No.339-2]絆 | トップページ | [No.340-1]三毛猫ホームズ »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.109:

« [No.339-2]絆 | トップページ | [No.340-1]三毛猫ホームズ »