« [No.337-2]うまくいかない | トップページ | [No.338-1]想い出はセピア色 »

ホタル通信 No.108

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.163 未来が見えたなら
実話度:★★★☆☆(60%)
語り手:女性

ストレートな表現を避け、含みを持たせた表現が多い話に仕上
げています。

タイトルでもある“未来”は、テーマとしては比較的創作しやす
いものです。ただ、この話は未来というキーワードを使ったにも
かかわらず、悪く言えばショボイ感じがしませんか?
小説の完成度が低いのも、その原因のひとつなのでしょうが、
一番の理由は実話度が影響しているからです。
登場人物、飲み会の設定は事実ではありませんが、主軸とな
る“待つ”に関して繰り広げられる話は、ほぼ事実です。
従って、現実の話に対して、こんなタイトルを付けてしまったの
で、少しショボク見えるのかもしれません。

それでは内容について触れて行きますね。
まず、前半終了間際のセリフ「1年待てるのに、1日は待てな
い」・・・どんな意味を含ませているのか、分かりますか?
後半にその答えとなるような展開が待っています。
「1日は待てない」を言い換えると「付き合っている時には1日
だって待てなかった」になります。
また「1年待てるのに」ですが、彼と別れメールのやり取りが無
くなってから1年が経過したことは、結果的に1年待てたことに
等しい・・・という意味を含ませています。

状況はどうであれ、1年間待つことができたのなら、1日なんて
容易なはず・・・というのが、亜美の考えです。
だからこそ「もし未来が見えたのなら・・・こうなることが分かっ
ていたなら・・・待てるはずなのに」と後悔の念が押し寄せてき
た話になっています
ただ、これだと少し悲しい話で終ってしまうために、ラストにコミ
カルなオチを付けてみました。

だって、もう2年も待っているのだから・・・。実は創作ではなく、
ほぼ事実な状況なんですよ
No108

web拍手 by FC2

| |

« [No.337-2]うまくいかない | トップページ | [No.338-1]想い出はセピア色 »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.108:

« [No.337-2]うまくいかない | トップページ | [No.338-1]想い出はセピア色 »