« [No.335-2]天からの贈り物 | トップページ | [No.336-1]温度差 »

ホタル通信 No.107

小説の舞台裏やエピソード、作者の想いを紹介します。

小説名:No.145 出逢いは別れの始まり
実話度:★☆☆☆☆(20%)
語り手:女性

小説のタイトルがイコール、テーマにもなっており、テーマその
ものは王道とも言えるでしょう。

ただ、小説の内容へと繋がる“瞬間的なイベント”が発生したか
ら書いたのではありません。逆に、“慢性的なイベント”と言えば
良いのでしょうか
そう考えさせられるイベントにドップリ浸かっていた日常がそこに
はありました。
前回No.106で紹介した「No.159 幸せを引寄せて」と同様に、商
業的な要素が強いだけに、冬のホタルらしさは控えめです。

さて、内容に触れて行きます
テーマが王道な分、スムースに話を進めることが出来ました。い
つもの通り、オチは決めず、登場人物に展開を委ねました。
物語がサクサク展開して、何となくオチにつながるであろう前振り
も終わり、「そして、ゼロになった時・・・」まで書き上げたところで、
一旦、筆・・・じゃなくて、キーボードを叩く手がピタッ!と止まりま
した。

いつもオチや結末を考えずに、書き始めることがほとんどのため、
今までもそんなことは起こっていました。
ただ、この小説に限って言えば、相当悩んだ記憶があります。
繰り返しになりますが、テーマが王道な分、妙なプレッシャーを
感じていたせいかもしれません。
いつもは自己満足すればそれでいい・・・なんて思っていた所へ
王道のテーマを選んだものですから

・・・で、散々悩んで、今のようなオチを付けることにしました。
直前に前振りが何となく出来ていたので、ゼロ、カウントダウント
というキーワードを頼りに、その逆を表現することにしました。
“ゼロという別れを境に、マイナス方向に思い出が増えて行く”
とすることもできたのですが、考え方としては難しく感じること、
マイナスと言う言葉のイメージもあったことから、現在の表現に
しています。

web拍手 by FC2

| |

« [No.335-2]天からの贈り物 | トップページ | [No.336-1]温度差 »

(104)通信No.101~125」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホタル通信 No.107:

« [No.335-2]天からの贈り物 | トップページ | [No.336-1]温度差 »