« [No.335-1]天からの贈り物 | トップページ | ホタル通信 No.107 »

[No.335-2]天からの贈り物

No.335-2

「なんで笑うの?」

葉月(はづき)が不思議そうな顔をしている。

「そんなシビアな話じゃないよ」
「だって、裏切りとか監視とか・・・」

思っていた通りだ。
肝心となる話の出だしを聞いていないようだった。

「雨男の話をしてたんだ」
「雨男?それってあなたのこと?」
「そうだよ」

葉月の顔が明らかに曇った。
恐らく、雨男との関連性の無さに困惑しているのだろう。

「そう!って・・・」
「じゃ、最初から話すから」

話を最初に戻して、もう一度、“裏切り”までしゃべった。

「傘を用意したら、雨は降らない・・・」
「傘を用意しなかったら雨が降って、そりゃ惨めなものさ」

まるで雨男をあざ笑うかのようなシチュエーションになる。

「・・・監視って・・・」
「まぁ、雷様に見られてる!ってとこかな」
「・・・今日、傘持って来たの?」
「今日は傘がなくても多分、大丈夫だろ?」

新年会を前に、全員の目が僕を睨み付けた。
No335
(No.335完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.335-1]天からの贈り物 | トップページ | ホタル通信 No.107 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.335-2]天からの贈り物:

« [No.335-1]天からの贈り物 | トップページ | ホタル通信 No.107 »