« [No.334-2]ばいばい | トップページ | [No.335-2]天からの贈り物 »

[No.335-1]天からの贈り物

No.335-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
「・・・尋常じゃない話ね」

葉月(はづき)が急に口を挟んできた。

「あっ、あぁ・・・だろ?」

僕たちの会話が盛り上がっていたからだろうか。
どこからともなく急に首を突っ込んできた。

「何度も裏切られたし」
「それはひどいね・・・」

まるで僕の動きを監視しているかのようだった。
なぜなら、僕の動きの逆を仕掛けてくるからだ。

「だから無駄骨に終る」

せっかく用意したのに使われない。
逆に用意しなかった時は、ひどい目にあった。

「・・・どうなったの?」
「そりゃ、惨めなもんさ」

それを楽しむかのように、どこかで見ているのかもしれない。
そんな話で盛り上がっていたところだった。

「確かに、情報社会だからね」
「情報社会?」
「だってそうじゃない!今の時代・・・」

葉月がネットワークやら情報流出やら、真剣に語り始めた。
・・・やはり、勘違いしている。

「あはは!やっぱり最初から話した方がいいみたいだな」

(No.335-2へ続く)

|

« [No.334-2]ばいばい | トップページ | [No.335-2]天からの贈り物 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.335-1]天からの贈り物:

« [No.334-2]ばいばい | トップページ | [No.335-2]天からの贈り物 »