« [No.334-1]ばいばい | トップページ | [No.335-1]天からの贈り物 »

[No.334-2]ばいばい

No.334-2

その後も、メールを何度かやりとりした。
ただ、徐々に彼からの返信が減っていった。
それに・・・。

『日曜日逢えない?』
『ごめん・・・用事があるんだ』

あれ以来、彼とは逢ってはいない。
もともと、ギクシャクしていた延長と考えれば不思議ではないが。

『そうなんだ・・・わかった』
いな・・・』
『ううん気にしないで、じゃぁ、バイバイ』

メールを送信してから気付いた。

(・・・バイバイ・・・)

すぐに返信があった。

うんバイバイ』

立場は違えどもあの日と同じだった。
でも、今度は彼のバイバイに別の意味が含まれていると感じた。
もう、これで終わりだと・・・。

渡せなかったプレゼントが目の前で埃を被っている。
正確には、渡せるはずもないプレゼントを買った。

今思えばあの日、ギクシャクした関係にイラだっていた。
そんな、やけになった気持ちが言葉に別の感情を与えた。

「どうにでも、なってしまえ!・・・だったかな」

実際、どうにでもなってしまった、その感情通りに。

「・・・あはは、何だか笑っちゃうね」

プレゼントを手に取り、そのままゴミ箱へ放り投げた。

「バイバイ!・・・もう忘れるわ」

(No.334完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.334-1]ばいばい | トップページ | [No.335-1]天からの贈り物 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.334-2]ばいばい:

« [No.334-1]ばいばい | トップページ | [No.335-1]天からの贈り物 »