« [No.332-2]愛は悲しみより深い | トップページ | [No.333-2]みなみちゃん »

[No.333-1]みなみちゃん

No.333-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
「それ、わたしも見た!見た!」

年明けに人と会うと、年末年始に見たテレビの話から始まる。
・・・ことが多い。

「出演してたよね?」
「・・・ん?」

一瞬、考えこんでいた。
でも、すぐさま、意味が分かったようだった。

「あ~出てた!」

もちろん、目の前の人が本当に出演していたわけではない。

「やっぱり、良く似てたよ」
「そうかなぁ~」

今を時めく、アイドルグループのひとりに似ている。
決して悪い気はしないだろう。

「ちょっとだけ、アダルティな・・・だけど」
「そうね、10年後のみなみちゃん!って感じ?」
「あはは!」

笑いはしたものの、実際そんな感じだろう。
ちょっと、歳の離れたお姉さん・・・と言ってもいい。

「微妙ーだけど、まっいいか!」

(No.333-2へ続く)

|

« [No.332-2]愛は悲しみより深い | トップページ | [No.333-2]みなみちゃん »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.333-1]みなみちゃん:

« [No.332-2]愛は悲しみより深い | トップページ | [No.333-2]みなみちゃん »