« [No.332-1]愛は悲しみより深い | トップページ | [No.333-1]みなみちゃん »

[No.332-2]愛は悲しみより深い

No.332-2

「どう・・・次の恋には進めそう?」
「自信はないけど・・・ね」

失恋なんて、どこにでもある話だ。
ただ、いざ親友ともなれば多少、話が違ってくる。

「今が苦しくても、いずれ・・・」
「そうね、笑える日が来る・・・か」

慰めではなく、自虐的に笑い飛ばすことが必要と感じた。
だから、あえてこんな話をした。

「・・・ちょっと待って」
「どうしたの?」
「今が、どん底だと仮定すると・・・」

咲(さき)が何やら、ブツブツと独り言を言い始めた。

「あなたの言葉を借りれば、いずれ底を見上げることになるよね?」
「そうよ、だから・・・」

今なんて、気にするほどのことじゃない。
もっと、底が待っているのだから・・・。

「・・・ということは」
「そんなの決まってるじゃない!」
「また、失・・・あっ!」

更に今よりも大失恋が待っていることになる。

「何度も聞くけど、これって良い例えだよね?」
「も、もちろん・・・よ!」

最後に話を上手くまとめる必要が出てきた。
咲の疑いの眼差しが、凄いからだ。

「悲しみのどん底を見上げる、愛と言うさらに深い底・・・」No332
(No.332完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.332-1]愛は悲しみより深い | トップページ | [No.333-1]みなみちゃん »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.332-2]愛は悲しみより深い:

« [No.332-1]愛は悲しみより深い | トップページ | [No.333-1]みなみちゃん »