« ホタル通信 No.105 | トップページ | [No.332-2]愛は悲しみより深い »

[No.332-1]愛は悲しみより深い

No.332-1

登場人物
=牽引役(女性)=相手(女性)
-----------------------------
どん底を見上げる・・・どこかで耳にしたことがあった。

「私も聞いたことがある、確か・・・」

大きく分けて、ふたつの意味を持つだろう。
ひとつ目は、悪い意味でだ。
底だと思っていた所よりも更にその下がある。

「例えば、株価ね」
「これが底値だと思ってたら・・・なに?そんな顔して」
「“株価”って言葉が出てきてビックリしたのよ」
「もぉ!私だってぇ」

とりあえず、うまい例えだと思う。
限りなく底値だと思っていたら、更にその下を行く。

「じゃあ、ふたつ目は?」

ふたつめ目は逆に良い意味でだ。
どん底に落ちたつもりでも、本当の底はもっと下の方にある。

「それって、良い意味?」
「あきらめの境地!という意味でだけどね」

さっきまでどん底だっと思っていた底を見上げる。
冷静に考えれば、事態は更に悪化している。

「でも、なんだか可笑しくない?」

今、居る“どん底”も、いずれ見上げることになるのだろうか?
そう考えれば、この底は底であってどん底じゃない。
そう思えれば、多少気も楽になる。

「そうね、逆にやる気のひとつでも出そうな気がしてくるね!」
「でしょ~!」

咲(さき)には、今、こんな話が必要だった。

(No.332-2へ続く)

|

« ホタル通信 No.105 | トップページ | [No.332-2]愛は悲しみより深い »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.332-1]愛は悲しみより深い:

« ホタル通信 No.105 | トップページ | [No.332-2]愛は悲しみより深い »