« [No.331-1]ライバル | トップページ | ホタル通信 No.105 »

[No.331-2]ライバル

No.331-2

「興味本位でしょ?みんな」

つまり、ライバル同士の戦い。
はっきり言えば・・・

「女の戦い・・・だと」
「そうだろうな・・・でも、僕はそうは思っていない」

その場をとりあえず取り繕うために、口にしたのではない。
本当にそうだとは思っていなかった。

「ほんと?」
「さっきも言っただろ、お互い頑張ってたのは知ってたよ」
「それに、犬猿の仲じゃないわけだろ?」

ライバルだけど、仲が悪いわけではない。
そんな雰囲気を、これも周りが作り上げている。

「そうね、逆に好きなくらい」

もともとライバルとはそんなものだ。
見た目は対立状態でも、真の部分は似ている部分が多い。
それに好敵手・・・と言われるくらいだ。
実力の上でも過不足がなく、競い合うには丁度良い。

「まぁ、世紀の対決を楽しんだら?」
「そうね、そうする」
「そう、そう、竜虎の対決!・・・なんてね」
「・・・」

さっきまでの彼女とは表情が一変した。

「それで・・・どっちが竜で、どっちが虎なわけ?」
「えっ!それは・・・」

どちらを選んでも結果は見えていた。
No331
(No.331完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.331-1]ライバル | トップページ | ホタル通信 No.105 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.331-2]ライバル:

« [No.331-1]ライバル | トップページ | ホタル通信 No.105 »