« [No.330-2]たわいのない会話 | トップページ | [No.331-2]ライバル »

[No.331-1]ライバル

No.331-1

登場人物
=牽引役(男性)=相手(女性)
-----------------------------
口は災いの元・・・思わぬところで・・・。

「いよいよ明日ね・・・」

口調は静かでも、意気込みを感じる。

「相手は例のライバルだったよな?」

商品企画のプレゼンが明日行われる。
明日は言わば、社内における決勝戦のようなものだ。
どちらか一方が採用される。

「うん・・・予想通り一番手ごわい相手が残ったわ」

彼女たちのライバル関係は社内でも有名だった。
だから、興味本位で見られることも少なくなかった。
でも、僕にはそうは映らなかった。

「そうだな、彼女は彼女で頑張ってたもんな」
「そうね・・・それは認める」

同じ仕事内容だ。
遅かれ早かれ競い合う関係になる。

「それにしても、周りが騒ぎすぎ」
「・・・だな」

今回のプレゼンはいつにもなくビックプロジェクトにつながる。
だから、周りがザワ付くのも分かる気がする。
ただ・・・。

「そうね、違う意味でだけど」

仕事の大きさも手伝って世紀の対決とまで言われるようになった。
まるで、格闘技でいうタイトルマッチのようでもあった。

(No.331-2へ続く)

|

« [No.330-2]たわいのない会話 | トップページ | [No.331-2]ライバル »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.331-1]ライバル:

« [No.330-2]たわいのない会話 | トップページ | [No.331-2]ライバル »