« [No.329-1]左の靴紐 | トップページ | ホタル通信 No.104 »

[No.329-2]左の靴紐

No.329-2

「ふ~ん・・・で、実際になにか起こったわけ?」

興味なさげな返事の割に、表情は食い付いている。

「ううん、特にこれと言って」
「ただ・・・いつもそんな気になるだけ」

お笑いで言えば、ネタを振ったにも関わらずオチがない。
言わば“振り逃げ”の話しだとは理解している。

「確かに、靴紐が切れたりしたら・・・」
「そんな気にもならなくはないけど」

実際に何も起きていないなら、そう考える必要はない。
なのに、なぜ・・・私が聞きたいくらいだ。

「トラウマがあるとか?」

少なくとも、記憶している範囲ではそれは考えられない。

「いっそのこと解けないようにしちゃおうよ!」

提案口調の中に“面倒だからさぁ”という言葉が隠れている。
でも、解けなければ、余計な考えが起きないのも事実だ。

「そうね・・・絶対に解けないようにしよう!」

接着材で接着しようか・・・そんな大胆な意見も出た。
解く時どうするのか、もちろん考えてなどいない。

「こうね・・・こうして・・・二重にして」
「そこまでしたら、解く時大変だよー!」

いつの間にか、必死になっていた。 
さっきまでは、どうでも良かったことなのに。

「これでどう?もう、解こうにも解けないわよ」

靴紐と共に、もうひとつの紐も固く結ばれていくのを感じた。No329
(No.329完)

読み終えたら、クリックして頂けると、励みになります。
ブログランキングへ ブログランキングへ web拍手 by FC2

|

« [No.329-1]左の靴紐 | トップページ | ホタル通信 No.104 »

(014)小説No.326~350」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [No.329-2]左の靴紐:

« [No.329-1]左の靴紐 | トップページ | ホタル通信 No.104 »